【彼氏次の約束がない】デート・会う約束がない男性心理や対処法

いい感じだったのに付き合えなかった 恋愛

彼氏と次の約束がない!次の約束がない男性心理

彼氏次の約束がない

次の約束がない男性心理・いつでも会えると思っている/安心している

彼氏と次の約束がない場合、いつでも会えると思っていたり、安心しているという男性心理が考えられます。

男性は、自分が手に入れたいと思うものがあれば一生懸命動きますが、手に入ったと思って安心していると、その気持ちからなかなか自分から行動に移さないことがあります。

彼女のことも、付き合う前には一生懸命デートに誘っていたりしていても、付き合って彼氏彼女の関係になると、安心してしまい「連絡すればいつでも会えるし」と思って、次の予定を立ててくれずに約束がないという状態になってしまうことがあります。

なので、そのような男性に対しては「安心しきっていると、気持ちが離れてしまう」ということを伝え、デートの約束をしてほしいということを伝えてみましょう。

 

次の約束がない男性心理・先の予定を立てると義務のように感じてしまう

次の約束がない場合、先の予定を立てると義務のように感じてしまうために嫌だという男性心理があります。

男性の中には、自分の今の気分や気持ちで動きたいと思っている人がいます。

なので、あらかじめデートを決めておいて、この日にこの時間に待ち合わせて、ここに行くというのを決めておくと、それが逆に義務感を感じるようになり、デートを楽しむというよりも「行かないといけない」という風に思ってしまうものになってしまうことがあります。

なので、男性としては、直前になって「明日会わない?」などという風に誘いたいと思っている人も居ます。

男性が、先の予定を立てることに義務を感じないで良いよう、気が楽になれるようにすることが大切になります。

 

次の約束がない男性心理・もともと自分から誘えないタイプ

次の約束がない時、もともと自分から誘えないタイプだという男性心理の場合があります。

男性は、自分からグイグイと女性を引っ張って行けるタイプの人も居れば、優しい性格で、女性の意見を尊重したり、女性に合わせてくれるタイプの人も居ます。

消極的で、女性から誘ってくれるのを待つという性格の男性もいるため、もともと自分から誘えないタイプの男性であれば、女性の方から「今度の休みの日、会おう」と提案してあげる方がよいでしょう。

彼氏も、彼女から誘ってくれるのを待っていて、デートをしたいと思っていることがあるために、彼女から誘ってもらうというチャンスがあれば、順調に次の約束をすることができます。

男性がどういうタイプかを見極めることも大事です。

 

次の約束がない男性心理・デートに誘う気遣いができない

次の約束がない場合、男性がデートに誘う気遣いができないという心理だということが考えられます。

女性の気持ちが分かる男性であれば、「きっと会いたいと思っているだろうから、行きたいと言っていた場所に連れて行ってあげよう」などと考えることができますが、女性の気持ちを理解できずにデートに誘う気遣いができない男性であれば、なかなかデートに誘うという次の約束をしてくれないことがあります。

デートに行かなくても、連絡さえ取り合っていればそれで十分だと考えてることもあるために、女性がデートに行きたいと思っていたり、次の約束をしたいと思っている時には、そのように気遣いができない男性であれば、女性からデートの提案をしてみると良いでしょう。

 

次の約束がない男性心理・特に何にも考えていない(マイペース)

次の約束がない男性心理として、特に何も考えていないマイペースな人だという場合があります。

女性側としては、「次の約束がないのは不安だから、会う約束がしたい」と思っていても、男性側はそのような気持ちに気が付かずに、特に気持ちが冷めたからなどという理由もなく、ただただ特に何も考えていないマイペースな性格の持ち主だということがあります。

普段から、のんびりとしていたり、あまり周りのことを気にしないタイプの男性であれば、次の約束がないことに対しても気にしていない場合があるため、女性側から次の約束のことについて触れてみましょう。

そうすることで、相手の人も「それなら約束しよう」という風に、あっさりと次の約束が決まることもあります。

 

次の約束がない男性心理・忙しいので先の予定は立てられない

次の約束がない時男性側としては、忙しいので先の予定が立てられないという心理がある場合があります。

男性であれば、通常であれば休みだという日でも、休日出勤の場合や資格取得のための勉強などで休みが取れなかったり、休みの予定でも急遽予定が入ってしまうことがあります。

そのように、忙しい時期には次の予定を入れていてもキャンセルしないといけないこともあり、彼女に迷惑をかけてしまうので、次の予定を立てられないということがあります。

なので、彼女は、彼氏が忙しい時期なのかどうかを確かめてみて、忙しいために予定が立てられないのであれば、忙しい時期が終わってから会うというのを約束してみるとよいでしょう。

そうすれば、お互いに気持ち良く予定を立てることができます。

 

次の約束がない男性心理・彼女からの誘いを待っている

次の約束がない男性心理として、彼女からの誘いを待っている場合があります。

男性側として、「彼女が次に空いている日を教えてくれて、行きたい場所もきっとあるだろうから、彼女から約束の連絡があるまで待っておこう」という風に考えている場合があります。

特に、彼氏から誘わないという何かしらの理由があるわけではなく、彼女からの誘いを待っているだけという状態なので、彼女が誘いさえすれば、次の約束をすることは簡単にできる状態になります。

次の約束がなくて嫌だというときには、ひとまず彼氏にデートの誘いをしてみて、それに応じてくれるかどうか確かめてみましょう。

彼女からの誘いを待っている時であれば、すぐにでも予定を立ててくれることになります。

 

次の約束がない男性心理・会うペースを減らしたい

次の約束がない男性心理とは、会うペースを減らしたいと考えている場合があります。

付き合いだしたときには、毎日のように会っていたりして、少し無理をしたペースで会っていると「もう少し会うペースを減らしたい」と彼氏が考えていることがあります。

次に会う約束をすると、またどんどんと会うペースが増えてしまうため、会うペースを減らすために、次の約束をするのはやめて、ペースを減らすということを考えて行動しているということが考えられます。

男性が、会うペースを減らしたいと思っている時には、彼女側から「次いつ会おう?」と聞いてみても、あいまいな答えが返ってきたりするために、彼氏がどのくらいのペースで会いたいと思っているかを確認してみても良いでしょう。

 

次の約束がない男性心理・実は少し冷めてきている

次の約束がない時の男性心理として、実は少し冷めてきているという状態であることがあります。

彼氏は、彼女のことが大好きでいつでも一緒に居たいと思っている時には、「次いつ会う?」と積極的に聞いてきてくれます。

ですが、少し気持ちが冷めてきてて、そんなに会いたくないと思っている時には、次の約束をしてくれないということに繋がります。

なので、普段、会っている時に彼氏がどういう態度を取るか、楽しそうにしているのかというのを確認して、気持ちが冷めてきてはいないか、どうかというのを考えてみましょう。

気持ちが少し冷めてきてしるのであれば、彼氏の心を取り戻すような努力というのも必要になります。

彼氏が楽しいと思える場所に行くように予定を立ててみたり、テンションを上げられようにしてみましょう。

 

次の約束がない男性心理・好きだけど頻繁に会わなくてもいいタイプ

次の約束がない男性心理として、好きだけど頻繁に会わなくても良いタイプだという場合があります。

女性は、好きな彼氏であれば、いつでも一緒に居て顔を合わせたいと思うものですが、男性は「好きだけど、ある程度の距離を保っておいて、頻繁に会わなくても大丈夫」という人も居ます。

頻繁に会わなくてもメッセージのやり取りさえできれば十分だと思っていることもあります。

なので、普段の彼氏の様子から、頻繁に会いたいと思っている人なのか、会わなくても大丈夫な人なのかというのを確認してみて、彼氏とどのくらいのペースで会うのがベストなのかというのを話し合ってみるとよいでしょう。

人それぞれに、ちょうどいいと思えるペースがあるので、良い関係を築けるようにすると良いです。

 

彼氏と次の約束がない!次の約束がない時の対処法

彼氏次の約束がない

次の約束がない時の対処法・深く気にしすぎない

彼氏と次の約束がない時の対処法として、深く気にしすぎないというのも大切です。

彼女としては、「どうして、次の約束をしてくれないんだろう、もう好きじゃないのかな?」と、気にしてしまうこともあります。

ですが、彼氏側としては、特に何も考えて居なかったり、ちょうど忙しい時期だったりということで、誘えていないだけという可能性もあります。

あまり、深く気にしすぎると疲れてしまうので、もっと気楽にいる方が良いです。

次の約束がなくて寂しいと思うのであれば、そのことを伝え、気にしすぎを防いでみましょう。

一人で抱え込んで悩んでしまうより、会えないのであれば友達と遊んでみたりして、楽しく待ってみるのも方法の一つになっています。

 

次の約束がない時の対処法・会いたいなら自分から誘う

次の約束がない時の対処法として、会いたいなら自分から誘うというのが、とても良い方法になります。

男女の違いや性格の違いから、それぞれ会いたいと思うペースや、次の約束に関して考えていることは違ってきます。

彼氏としては、次の約束がなくても、今のペースが丁度いいと考えていることもあります。

彼女側として、もっと会いたい、次の予定を立てて約束を決めたいと思っているのであれば、彼氏からの誘いを待つのではなく自分から誘ってみましょう。

自分から誘うことで、会いたいと思っていることを彼氏に伝えることができますし、モヤモヤとした気持ちも消えてスッキリとします。

悩んでいるよりも、相手に伝えてお互いの気持ちを確かめ合いましょう。

 

次の約束がない時の対処法・デートの時間を楽しませる(誘いたくさせる)

次の約束が無い時の対処法とは、デートの時間を楽しませてまた誘いたくさせるという方法があります。

一度デートをしたときに、楽しいという思い出があれば、彼氏は「また今度も誘ってみたい」という風に思うことになります。

次の約束が無くて困っているという場合には、デートをしたときに相手を楽しませてあげて、また自分が楽しみたいという気持ちから誘ってくれるようにするという努力も必要になります。

次の約束がないという時には、まずデートで楽しい思い出を作ってみましょう。

自分が楽しむということも大切ですが、彼氏側も楽しんでいるかということが、次の約束に繋がる大切なことになります。

お互いに楽しいと思える時間を作ってみましょう。

 

次の約束がない時の対処法・デートの後は寂しがらずにあっさり別れて追いかけたくなる女性になる

次の約束がない時対処法、デートの後は寂しがらずにあっさり別れて追いかけたくなる女性になる!

男性は、デートの後で女性が「まだ帰りたくない、もっと遊びたい」などという風にズルズルと時間を過ごすよりも、「今日はありがとうまたね!」という風にあっさりと別れを切り出して別れた方が、また次に誘いたいという風になります。

デートの後に相手の人との時間を惜しむことなく、あっさりと別れることで、相手が別れた後も「今日は楽しかったな。また一緒に行きたいな。」と、追いかけたくなる女性となります。

デートの後は、寂しいという気持ちがあってもそれを抑えて、あっさりと別れてみるのがおすすめです。

そうすることで、次のデートに繋がります。

 

次の約束がない時の対処法・期待しない

次の約束がない時の対処法とは、期待しない事になります。

女性は、「次はいつ誘ってくるんだろう」と待ちたい気持ちがありますが、あまり期待をして待ち続けていると、それが負担になって辛く感じてしまうことがあります。

なので、次の約束がない時というのは、「もしかすると、誘われないかもしれないけど、考えすぎるのはやめておこう」という風に、あまり期待をしないという方が良いです。

その方が、相手から誘ってもらった時にはとても嬉しい気持ちになりますし、誘ってもらえないのであれば、やっぱり思っていた通りだという風に気持ちを切り替えることができます。

次の約束がなくてどうしようかと思ってい人は、期待せず違うことを考えてみるのも良いでしょう。

 

次の約束がない時の対処法・なぜ次の約束をしてくれないか素直に聞いてみる

次の約束がない時の対処法とは、なぜ次の約束をしてくれないか素直に聞いてみるというのが方法として挙げられます。

やはり、こちら側があれこれと考えても答えは出ません。

直接、本人に素直な気持ちを聞いてみましょう。

そこで聞いてみることで、忙しくて約束をすることができないのか、何か気持ち的に誘い辛い気持ちがあったりなどということを知ることができます。

こちら側が、勝手に思い込んで「誘ってくれない」と悲しい気持ちになるより、気になる事があれば直接聞いてみるというのが、一番手っ取り早く、お互いに納得できる方法になります。

こちらが素直に聞いてみることで、相手からも素直な気持ちを聞くことができるので、気になる場合は、次の約束について話をしてみましょう。

 

次の約束がない時の対処法・デートのハードルを下げて誘いやすくしてあげる

次の約束がない時の対処法、デートのハードルを下げて誘いやすくしてあげるというのが良いです。

相手側としては、デートとなると美味しいランチのお店を探したり楽しいイベントがないかを探したりテーマパークを探したりなどという風に、しっかりとしないといけないと考えすぎている場合があります。

なので、「一緒にショッピングモールを見に行こう」などという風に、普段の買い物をするというのがデートで大丈夫というように、デートのハードルを下げてあげるというのをすると、相手も誘いやすくなることがあります。

また、食事も高いものではなくあらかじめファストフード店で食べるなどを決めておくと相手側も心配することが無くなり誘いやすくなります。

 

次の約束がない時の対処法・行きたい場所をアピールする

次の約束がない時の対処法として、行きたい場所をアピールするというのは、とてもおすすめです。

次の約束をなかなかしてくれない相手というのは、どこに行けばいいのか分からずに、誘うことができないという状況があります。

なので、こちら側から「今度、ここに行ってみたい!」という風に、自分からどこに行きたいかを相手に伝えてみるとよいでしょう。

そうすることで、「じゃあ、次の休みに行ってみよう」という風に、すんなりと次の予定に繋がることがあります。

次の約束がないと思った時には、相手がどこかに行こうと言ってくれるのを待つのではなく、こちらから行きたい場所をアピールしてみましょう。

その方が、相手も安心してくれることになります。

 

次の約束がない時の対処法・予定が埋まりやすいアピールをする

次の約束がない時の対処法とは、予定が埋まりやすいアピールをすることです。

次の予定がなくて、「いつ会えるのだろう」と思っている時には、自分の予定を伝えてみるというのが良いです。

予定がある日と空いている日、また予定が埋まりそうな日があることを伝えると、相手も「じゃあ、予定が空いているうちにこの日に会うようにしようか」という風に、予定を決めてくれることに繋がります。

いつが空いているか、無理なのかという予定を伝えることで相手とのスムーズな次の約束をすることができ、お互いに都合の良い日を選ぶことができるために、うまく流れをつかむことができます。

お互いに、予定が分かるというのはあんしんできることですし、情報を共有出来て良いです。

 

彼氏と次の約束がない!デートの予定をスムーズに立てるには?

彼氏次の約束がない

会ったタイミングで次のデートの予定を立てる

彼氏と次の約束がない!デートの予定をスムーズに立てるには、会ったタイミングで次のデートの予定を立てることです。

デートが終わってから、LINEなどで「次いつ会う?」などとメッセージを送っていても、なかなかその話が進まずに、次にいつ会うのかという約束がないという状態が続いてしまうこともあります。

なので、一番確実に次の予定を決めることができるのが、デートをしている時に食事をしながら「次のデートはどうする?いつにしようか」という風に決めてしまえば、お互いに顔を合わせて話をしているので予定も決めやすく、行く場所もそこで調べたりすることができます。

会ったタイミングで次のデートの予定を立てることは、スムーズかつ、行く場所まで決められておすすめです。

 

デート直後のお礼メールを送ったタイミングで次の予定を聞いておく

デートの予定をスムーズに立てるには、デート直後のお礼メールを送ったタイミングで次の予定を聞いておくことです。

デートが終われば、「今日はありがとう。楽しかったね。」などという風にメールを送ることになります。

なので、ここのタイミングで、「次のデートも楽しみ。どこに行こうか?いつにしようかな?」などという流れを作ることができれば、彼氏も今日の楽しかったデートをまたしたいと思う気持ちから、次の空いている日程を伝えてくれたり、行きたい場所を調べてくれたりすることになります。

デート直後のお礼メールを送るタイミングは、デートの余韻が残っているために、次のデートの予定も立てやすくなります。

このタイミングがちょうど、お互いに気持ちも通じやすく、楽しい時間にもなります。

 

クリスマスなどイベント前に誘ってみる

デートの予定をスムーズに立てるためには、くれ済ますなどイベント前に誘ってみるとよいです。

何もイベントがない時には、いつがお互いに空いているかなどを話し合う必要がありますが、クリスマスやお正月などの時期が決まっているイベント前に誘ってみると、「じゃあ、この日がクリスマスだからその前の日にしようか」などと、日程が決めやすくなります。

また、イベント前だと、どこに出かけてもそのイベントムードを楽しむことができますし、お互いに行きたいところを言い合うこともできます。

次のデートの予定をスムーズに立てたいというときには、イベントがいつあるかなどを調べてみて、そのイベント前に誘ってみて、相手も予定を立てやすくするとよいでしょう。

 

彼氏と次の約束がない!会う約束をしてくれない!と思ったときの注意点

彼氏次の約束がない

会う約束をしてくれないからと言って好きじゃないとは限らない

彼氏が次に会う約束をしてくれない!と思った時の注意点として、会う約束をしてくれないからと言って好きじゃないとは限らないということです。

女性は、「なかなかデートに誘ってくれない。きっともう気持ちが冷めてきているからだ」と思い込んでしまうことがあります。

ですが、そうではありません。

彼氏としては、どこに誘えばいいかといろいろと考えていたり、仕事や学校などで忙しかったりということがあります。

なので、会う約束をしてくれなくて寂しい気持ちがあるのであれば、その気持ちを正直に伝え、彼氏と話をしてみるのが良いでしょう。

彼氏が、彼女のことを大切に思っているという気持ちが伝わってくることになります。

話し合いをすることで、彼女も彼氏も気持ちを通じ合わせることができます。

 

相手があなたの不満に気づいていない場合もある

彼氏が次に会う約束をしてくれないと思った時の注意点は、相手があなたの不満に気づいていない場合もあります。

女性側としては、「なんで、次の約束をしてくれないんだろう。約束をしてデートをしないのに」と不満な気持ちを抱いていることがあります。

ですが、その気持ちが、彼氏に伝わっておらず、「予定は立ててないけど、お互いに好きな気持ちがあるし、大丈夫だろう」と思っていることがあります。

なので、次の予定が立っていなくて、不満に思っている時には、そのことを彼氏に伝えてみましょう。

そうすることで、その不満な気持ちを彼氏に理解してもらい、その後のデートの予定を立てるという事に役立てられます。

男性は、言わないと伝わらないことも多くありますので、思っていることはどんどんと伝えてみましょう。

彼氏次の約束がないに関するよくある質問

彼氏が帰ってこない!

関連ページ:【彼氏が帰ってこない】同棲中の彼氏が帰ってこない理由や飲み会

彼氏がスマホばかり!

関連ページ:【彼氏がスマホばかり】デート中に携帯ばかり!別れるべき?対処法

会う約束したのに連絡こない男って?

関連ページ:【会う約束したのに連絡こない男】理由や心理や対処法!マッチングアプリ

彼氏が飲み会で連絡がない!

関連ページ:【彼氏飲み会連絡ない】浮気?彼氏からの連絡がない理由や対処法

おすすめのマッチングアプリ:【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインとハピメのログイン画面は?

彼氏と次の約束がないまとめ

(彼氏と次の約束がない!次の約束がない男性心理)

・いつでも会えると思っている/安心している

・先の予定を立てると義務のように感じてしまう

・もともと自分から誘えないタイプ

・デートに誘う気遣いができない

・特に何にも考えていない(マイペース)

・忙しいので先の予定は立てられない

・彼女からの誘いを待っている

・会うペースを減らしたい

・実は少し冷めてきている

・好きだけど頻繁に会わなくてもいいタイプ

 

 

(彼氏と次の約束がない!次の約束がない時の対処法)

・深く気にしすぎない

・会いたいなら自分から誘う

・デートの時間を楽しませる(誘いたくさせる)

・あっさり別れて追いかけたくなる女性になる

・期待しない

・なぜ次の約束をしてくれないか素直に聞いてみる

・デートのハードルを下げて誘いやすくしてあげる

・行きたい場所をアピールする

・予定が埋まりやすいアピールをする

 

(彼氏と次の約束がない!デートの予定をスムーズに立てるには?)

会ったタイミングで次のデートの予定を立てる

デート直後のお礼メールを送ったタイミングで次の予定を聞いておく

クリスマスなどイベント前に誘ってみる

 

(彼氏と次の約束がない!会う約束をしてくれない!と思ったときの注意点)

会う約束をしてくれないからと言って好きじゃないとは限らない

相手があなたの不満に気づいていない場合もある

コメント

タイトルとURLをコピーしました