【彼氏が寝てばかり】心理や理由は?すぐ寝る彼氏の対処法

いい感じだったのに付き合えなかった 恋愛

彼氏が寝てばかり/寝てばかりの彼氏の心理

彼氏が寝てばかり

寝てばかりの彼氏の心理は、実はいくつもあります。

・つまらないと感じている

毎回変わり映えしないお家デートに飽き飽きしていたり、刺激のなさに無意識に眠っているケースになります。

上司や学校の先生の長い話やつまらない話に眠くなってしまう経験をしたことはありませんか?

それと同じ心理・現象です。

解決するためには、お家デートを辞めたり、普段行かないような刺激のある場所でのデートがおすすめです。

 

・気を引こうとしている

せっかく会うことができた日なのにあなたがスマホばかり見ていたり、何かに集中していて一緒に居るのに自分の存在を忘れられているような気がした時に寝てしまうケースになります。

「一緒に居るのに…」「俺はやることがなくて暇…」という気持ちから、構ってほしさの表れでもあります。

分かりやすく言うならば、”ふて寝”です。

解決するためには、会えた日を2人で楽しむことにつきます。

 

・休みたい気持ちがある

仕事が忙しかった週や繁忙期など、ハードな仕事の後の休日は自然と身体の力が抜けてしまいます。

そのためちょっとした時間に急激な睡魔に襲われてしまったり、安心できる空間に居ることで自然と身体が休息を取ろうとしてしまうケースが多いです。

解決するためには、デートの時間を遅めに設定したり、デート中は時間を決めて睡眠をとってもらうのが良いかと思います。

 

寝てばかりの彼氏の心理・彼女に心を許している(安心している)

寝てばかりの彼氏の心理とは、彼女に心を許して安心しているからということが考えられます。

男性は、自分がまだ女性と付き合っていなくて、何としても女性をゲットしたいと考えている時には、彼女との仲をうまくするために普段の自分を隠して頑張ったりします。

ですが、彼女と付き合うことができて、彼女との関係に満足していたり、安心しきってしまうと、ついつい気が緩んで寝てばかりいる姿を彼女に見せてしまうことになります。

寝てばかりの彼氏は、彼女のことを好きで信頼しているからという証拠になりますが、彼女としてはそのことが気になるのであれば、伝えてみるとよいでしょう。

寝てばかりの彼氏の心理は、彼女のことがどうでもいいというわけではないので、彼女が気になるのであればそれを伝えることで、直してくれるでしょう。

 

寝てばかりの彼氏の心理・どこかに出かけるのが面倒

寝てばかりの彼氏の心理として、どこかに出かけるのが面倒だと思っているということが考えられます。

男性としては、用事があるときには起きるけれど、わざわざ人混みが多い中に出かけるのが嫌だという気持ちがあったり、家でゴロゴロとしているほうが楽しいという性格の男性もいます。

なので、寝てばかりいる彼氏の心理としては、インドア派の彼氏で、どこかに出かけるのは面倒だから、家で寝て居ようという風に考えることがあります。

寝てばかりの彼氏で、彼女としてはどこかに出かけたいのにそれができなくてつまらないという場合は、彼女がどこかに出かけるのを提案してみたり、彼氏も楽しいと思って出かけられる場所を見つけてみるとよいでしょう。

寝てばかりの彼氏の心理・単純に疲れている

寝てばかりの彼氏の心理として、単純に疲れているという場合があります。

男性は、仕事であったり、学校であったり、普段の生活で周りに気を使ったり、忙しい状況であったりと、疲れが溜まっている場合があります。

なので、休みの日には寝て居たいと考える男性も居て、寝ることで体力を回復して、また仕事や勉強を頑張りたいと思っていることがあります。

なので、彼女といる時にも、寝てばかりということがありますが、これは彼氏が疲れているということもあるので、彼女としては彼氏が疲れている時であれば、そっとしておいてあげて、元気な時に遊べるようにしてあげるのも優しさになります。

寝てばかりの彼氏の心理としては、単純に疲れているという場合には、しっかりと眠って休むことで、次に頑張る活力となるので、それを見守ってあげることも大切です。

彼氏が寝てばかり/彼氏が寝てばかりの理由

彼氏が寝てばかり

彼氏が寝てしまう理由は、主に2つです。

・安心感によるもの

社会人の多くは気疲れをしています。

気疲れは神経が高ぶっていることでうまく睡眠ができないケースが多いです。

また、仕事に対するストレスにより睡眠が浅く、満足な睡眠を得られていないこともあります。

こうしたことから彼女と一緒に過ごす時間と空間に気が休まり、疲れが吹き飛ぶことでいつの間にか寝てしまうことがあります。

せっかく会えた日なのに寝ている彼氏を見るとイライラしてしまいますが、考え方を変えれば彼氏にとってあなたは癒しの存在であり、唯一心が休まる場所なのです。

 

・睡眠不足によるもの

早出出勤や残業が続いていたり、慣れない環境での仕事、帰宅してからも家で仕事をしているなど、ハードな日々を過ごしていることで睡眠不足のこともあります。

程よい疲れであれば良い睡眠に期待できますが、ハードな日々は神経が興奮状態になることでかえって眼が冴えてしまうケースが多いです。

こうしたことにより、唯一の休みであるデートの日に体の充電が切れてしまいます。

「ゆっくりさせて」「ちょっとだけでも寝かせて」という彼氏の身体からの訴えなのかもしれません。

 

彼氏が寝てしまう理由・彼女と生活リズムが違う

彼氏が寝てしまう理由として、彼女と生活リズムが違うということがあります。

彼女としては、自分と一緒に撮気にいつも寝てばかりとなると、なぜだろうと思うこともありますが、実は、彼女と会っていないときには眠っていなくて、他の事をしていたりするため、彼女と会う時間にどうしても眠たくなってしまうということがあります。

例えば、夜勤の仕事をしていたり、深夜に勉強をしていて睡眠が足りて居なかったりということもあります。

彼氏が寝てしまう理由として、彼女と生活リズムが違うということがあるために、彼氏に普段どういう風に生活をしているのかを聞いてみて、生活リズムの違いを理解することも大切です。

そうすることで、彼氏が寝ていない時間に会うという調整もすることができます。

 

彼氏が寝てしまう理由・寝だめしておきたい

彼氏が寝てしまうり湯として、寝だめしておきたいということがあります。

普段の生活の中で、睡眠時間が足りていなくて、いつも眠気を感じているという人にとって、休みの日にしっかりと寝だめしておくことは大切な場合があります。

しっかりと寝だめをしておくことで、また仕事や勉強などを頑張れるという力の源になるために大切になります。

なので、彼氏が寝てしまう理由が、寝だめしておきたいということであれば、彼女もその時間をそっと見守ってあげて、寝だめするときには会わずに、起きて会える時間を探してみるというのが良いでしょう。

寝だめをしておくことで、次に彼女に会うときに元気で会えたり、どこかに出かけたりして楽しい時間を過ごせることに繋がります。

 

彼氏が寝てしまう理由・ダラダラ過ごすのが好き

彼氏が寝てしまう理由として、ダラダラ過ごすのが好きという場合があります。

男性の中には、仕事や学校などが休みの日には外に出て体を動かすのが好きだという人も居ますが、逆に、休みの日には家でのんびりとダラダラ過ごすのが好きで、それが一番癒されるという人も居ます。

なので、彼氏が家で彼女といてもダラダラと家で過ごしていて、テレビを見ながら気が付くと寝てしまっていたりすることになりますが、それは彼氏がその時間が自分に合っていると思っていることになります。

なので、その性格の彼氏であれば、ダラダラと過ごして、寝てしまうのは、直らないために彼女もそれに合わせるという方法しかありません。

ダラダラと過ごすことが好きだと考えているために、彼女もいっしょにそこに居てほしいと思っていることになります。

 

彼氏が寝てしまう理由・前日遅くまで起きていた(寝不足)

彼氏が寝てしまう理由として、前日遅くまで起きていて寝不足だという可能性があります。

例えば、仕事が深夜まで続いていたり、好きなドラマを見ていたり、スポーツの試合を見ていたりなどという風に、理由は様々にありますが、彼女と会う前日に遅くまで起きていて寝不足だという場合は、彼氏が寝てしまうという理由になります。

なので、彼氏が彼女といるときに眠そうにしていたり寝てしまうときには、前日眠れているかを確認して、眠れていないのであれば、彼氏を寝かせてあげてそっとしておくということも大切になります。

眠気が取れて、気分がスッキリすれば、また彼女との時間を作ることも可能になりますので、彼女も寝不足の彼氏のことを理解してあげることが大事です。

 

彼氏が寝てしまう理由・長い時間寝ていないと元気が出ないタイプ(ロングスリーパー)

彼氏が寝てしまう理由として、長い時間寝ていないと元気が出ないタイプのロングスリーパーだという場合が考えられます。

人によって、ちょうどいいと思われる睡眠時間が違っていて、短時間でも眠れば回復する人も居れば、長い時間眠らないと疲れが取れなかったりしんどいという人も居ます。

なので、彼氏が長い時間寝ていないと元気でないロングスリーパーの場合は、彼女と会うときには眠ってしまうということがありますが、彼氏の体質で治すのは難しいために、それを分かってあげることも大事です。

ロングスリーパーの場合は、眠らないと寝不足だと感じることで体調が優れなかったり、彼女との時間も楽しめないことがあるため、しっかりと眠ってもらうことで起きている時にデートを楽しんだりすることができます。

彼氏が寝てばかり/彼氏が寝てばかりの時の対処法

彼氏が寝てばかり

やっと会うことができたデートの日に寝られてしまうと悲しい気持ちになりますよね。

「いつも寝てばっかり!」というイライラとした気持ちと、「疲れているからしょうがないよね」という気持ち、「一緒に居るのがつまらないのかな?」という不安な気持ち、彼女側も辛いですよね。

彼氏が寝てばかりの時の対処法はあるので、次に会った時に実践してみてはいかがでしょうか。

 

・寝ないデートにする

お家デートやカラオケデート、満喫デートなど、寝ることができてしまう空間でのデートは辞めて、遊園地や水族館などのアウトドアデートにすると刺激を受けるため眠くなりません。

「疲れている彼氏をそういう場所に連れて行くのはちょっと可哀想…」と思う場合は、電車や車など、移動中に睡眠時間を確保してあげるのもいいでしょう。

 

・会う頻度を減らす

週に1回会っているのであれば2週間に1回会うようにするなど、少し距離を置くことでマンネリ化防止にもなりますし、久しぶりに会うことでデートに刺激を感じてくれるようになります。

会う頻度を減らすことで彼氏の睡眠時間が十分に確保され、やっと会えた日にお互いが笑顔で楽しく過ごせるというメリットも生まれます。

 

・自分の気持ちを言葉で伝える

やっと会えた日に寝られてしまうと、色々な気持ち・感情になりますよね。

こうした気持ちは押し殺さず、彼氏に伝えることが改善へと繋がります。

寝られてしまったことに悲しさを感じたのなら「1人で過ごすのは寂しいよ」と伝えたり、なにかしたいのであれば「一緒にゲームがしたい」「もっとお喋りがしたい」と伝えるべきです。

思ったことは口に出さないと相手に伝わらないですし、あなたがなにも言わないことで彼氏が毎回寝てしまっている可能性もあります。

 

寝ていることに対して強く怒ったりすると、彼氏が「会いたくないな…」「寝ると怒られるから気を遣う…」とネガティブに考えるようになるので、寝ていても怒らないことをおすすめします。

どうしてもイライラしてしまう時は、会う頻度を減らして自分の心の治安を守りましょう。

彼氏との関係性を良好に保つためにも、心のゆとりはすごく大切です。

彼氏が寝てばかりの時の対処法・夕方以降に会うようにする

彼氏が寝てばかりの時の対処法として、夕方以降に会うようにするという方法があります。

彼女としては、お昼からランチを楽しんで、長い間一緒に彼氏と居たいと思うこともありますが、彼氏がお昼から会っても寝てばかりだという場合は、会う時間をずらして夕方以降に会うという風にしてみるのも良いでしょう。

お昼くらいまでゆっくりと彼氏が寝る時間を作ってあげれば、夕方以降に会うと彼氏が寝てばかりということにはならずに、2人で起きて一緒に時間を過ごすことができます。

彼氏が寝てばかりの時の対処法として、彼氏の生活を変えることができなければ、夕方以降に会うという、時間を変えてみるという方法もおすすめになり、お互いにちょうどいいことになります。

 

彼氏が寝てばかりの時の対処法・かまってほしい気持ちを正直に伝える

彼氏が寝てばかりの時の対処法として、かまってほしい気持ちを正直に伝えるという方法があります。

彼氏が彼女の前で寝ればかりというのは、彼氏が彼女に気を許しているからという証拠になるため、彼氏が彼女のことを好きだという気持ちからになります。

ですが、自分が寝ることで、彼女が寂しい思いをしているとは思っていないことがあるために、彼女としては、彼氏に寝てばかりいずに、かまってほしいと思っている時には、正直にそれを伝えてみましょう。

伝えることで、その気持ちに気づいていなかった彼氏は、それからは起きるようにしてくれたり、行動を変えてくれることがあります。

彼女の気持ちを伝えることは、彼氏にとって気づきのきっかけになり大切になります。

 

彼氏が寝てばかりの時の対処法・外食や映画など予約をしておく

彼氏が寝てばかりの時の対処法として、外食や映画など予約をしておくというのが方法の一つになります。

男性は、何も予定がなければ家でゴロゴロと寝て過ごしてしまうということがありますが、予定があるとなると、事前に起きていて準備をしたり、寝てばかりという状況を変えることができます。

なので、彼氏が寝てばかりいてどうしようかと思っている彼女であれば、彼氏が寝てばかりにならないように、予定を入れてしまうということで、その状況を変えることができます。

彼氏が寝てばかりの時の対処法として、「この時間には外出するんだ」という予定をあらかじめ立てておくことで、外出先で寝ることはないために二人の時間を作ることができ、楽しい時間を過ごすことができます。

 

彼氏が寝てばかりの時の対処法・一人の時間を楽しむ

彼氏が寝ればかりの時の対処法としては、1人の時間を楽しむという方法があります。

彼氏が寝てばかりの理由として、疲れが溜まっている時は睡眠不足の時などは、無理に起こしてしまうと、彼氏の疲れが取れないことになります。

ただただ、ダラダラと過ごして眠ってしまっているだけなのであれば、起こしてしまえますが、そうではなく睡眠が必要な時だと、彼女としてはそれを見守ってあげて、自分は一人の時間を楽しむということをするのも大切です。

ドラマをみたり、ネイルケアをしてみたりして、彼氏が寝ていても、自分一人で楽しんだり、友達との時間を作ってみるなどしてみるのもおすすめです。

彼氏が寝ている間に、自分自身もリフレッシュしたりすることが大事です。

 

彼氏が寝てばかりの時の対処法・寝てる間に家事などやるべき事を終わらせる

彼氏が寝てばかりの時の対処法として、寝ている間に家事などのやるべき事を終らせるというのも、時間の上手な使い方になります。

彼氏が寝てばかりというのは、一緒に過ごせる時間が少なくなるので寂しいと感じることもありますが、逆にこの時間を利用して、彼氏が起きたときに一緒に遊びに出掛けたり、一緒の時間を過ごせるようにするために、彼氏が寝ている間に掃除をしておいたり、自分の仕事を終らせたりして、用事を済ませておくという時間に使えます。

なので、彼氏が寝てばかりでどうしようかと初めは思っていても、その時間を上手く使うことができれば、彼氏の寝ている間に必要なことは済ませておき、起きたときにたくさん遊べるという風に割りきってみるのも良いです。

彼氏が寝てばかりの時の対処法として、寝ている間に家事などをやっておけば、時間の使い方が上手く、2人の時間をゆとりを持って過ごすことが出来ることになります。

 

彼氏が寝てばかりの時の対処法・「寝るのが好きなんだ」と割り切る/諦める

彼氏が寝てばかりの時の対処法として「寝るのが好きなんだ」と割り切ったり、諦めることも大切です。

彼氏が一緒に居るときに、寝てばかりというのは慣れるまでは一緒に居ても退屈だと感じたり、嫌だなと思うこともあるかと思います。

ですが、彼氏が休みの日には家でのんびりと過ごすことが好きだという人であれば、「寝ることが好きで、この時間が良いと思っているんだ」という風に、割り切ったり、諦めたりして、相手のこの寝るという行為を認めてあげることも大切です。

寝てばかりだと思っても、起きている時には楽しく過ごすことができたり、眠ることで彼氏が元気になれるのであれば、それを見守ってあげましょう。

寝ることが好きなんだと思ってしまえば、好きなことをさせてあげて自分もその時間を自由に過ごすことができます。

 

彼氏が寝てばかりの時の対処法・彼氏の趣味に会わせたデートプランを提案する

彼氏が寝てばかりの時の対処法として、彼氏の趣味に会わせたデートプランを提案するというのも大事です。

彼氏が寝てばかりなのは、他に興味のあることが無く、眠ることが一番良いと思っているということが考えられます。

なので、彼氏が楽しいと思えたり、行ってみたいと思える場所をデートプランとして提案してみることで、彼氏も眠ってばかりではなく、一緒にデートプランを考えてくれたり、興味を持ってくれたりします。

彼女が行きたい場所を提案するばかりではなく、彼氏もデートに積極的に来てくれるように、趣味に合わせたデートプランを提案してみるというのは、彼氏のためにも大事なことになります。

彼氏が寝てばかりだと思うときには、彼氏の好きなことについて話をして、デートを考えてみましょう。

 

無理やり起こすのは喧嘩に発展する可能性があるのでNG

彼氏が寝てばかりの時の対処法として、無理やり起こすのは喧嘩に発展する可能性があるのでNGということです。

疲れている時や、ぐっすると眠っている時に無理やり起こされると気分のいいものではありません。

例えば、学校や会社に遅れてしまう場合や、何かの用事があるときに起こされるのは仕方がありませんが、彼女が暇だからなどの理由で「起きてよ。一緒に遊ぼうよ。」などと無理に起こされると、起こされたことで気分を害した彼氏と、その不機嫌な雰囲気に腹を立てた彼女とが喧嘩に発展することもあり得ます。

彼氏のことを起こしたくても、無理やり起こすのではなく、ある程度彼氏が目を覚ましたときに自然の流れに身を任すことも大切です。

その方が、喧嘩に発展することが無くなります。

 

一方的に怒るのはNG

彼氏が寝ている時に一方的に起こるのはNGです。

というのも、彼氏が寝ているというのには、何かしらの理由がある場合があります。

前日、仕事が忙しくて睡眠が取れていない場合や、疲れが溜まっている時、また、体調が優れないなどいろいろな理由があるために、彼氏が寝ているからといって一方的に「なんで寝てばかりなの?!せっかく一緒にいるんだから起きてよ!」などと怒ってしまうと、彼氏としても気分が良くありません。

なので、彼氏が寝ている時には、一方的に起こるのではなく寝不足なのか疲れているのかなどを聞いてみて、怒らずに話し合いをしてみることがおすすめです。

そうすることで、彼氏も、眠ってしまう理由を話してくれることになります。

 

どうしても我慢できない場合は別れを検討しよう

彼氏が寝てばかりいて、どうしてもそれが我慢できない場合には、別れることも検討しましょう。

彼女と会っている時に、彼氏が寝てしまうというのはたまにある出来事であればいいですが、毎回寝てしまうのは、彼女にとっても面白いことではありません。

せっかく一緒にいるのに、毎回会った時に寝られるというのは嫌だという時、それを認めてあげたり諦めたりして受け入れることができないのであれば、別れを決意することも大切です。

いつも寝てばかりいることを相手に伝えて、それを改善してくれるのであればいいですが、そうではない場合であれば、彼氏がそれからもその寝るという行動を変えることはないために、彼女がその彼氏から離れるという選択肢も選ぶ必要があります。

彼氏が寝てばかり/会うとすぐ寝る彼氏の心理や付き合い方

彼氏が寝てばかり

すぐ寝る彼氏の心理・会うと安心しリラックスできるので眠くなる

すぐ寝る彼氏の心理として、会うと安心してリラックスできるので眠くなるということがあります。

初対面の人や、慣れていない人の前では眠気はあまり感じませんが、相手の人に心を許していて、一緒に居ることで安心できるという相手の場合であれば、一緒にいると気持ちが癒されることから眠たくなってしまうことがあります。

なので、彼氏が寝てばかりの時には、他の人と一緒に居るときにも寝てしまうのかなどを確認して、自分の前だからこそ寝顔を見せてくれているのだと思って、それを受け止めてあげることも大事になります。

会うと安心してリラックスできるので眠くなるという場合であれば、眠い時には少しなら寝かしてあげようと考えてみても良いでしょう。

 

すぐ寝る彼氏の心理・睡魔に勝てない

すぐ寝る彼氏の心理として、睡魔に勝てないということがあります。

疲れが溜まっている時や、寝不足の時、寝てはいけないと思っていても、睡魔に勝てないことがあります。

仕事中や勉強中などであれば、我慢して睡魔に打ち勝とうとすることになりますが、彼女の前だとついつい気が緩んで、気が付くと眠ってしまうということがあります。

なので、彼氏がすぐに寝てしまっているという場合には、睡魔に勝てないということが考えられるため、前日に睡眠が取れていないのか、何か眠れなかった理由があるのかなどを聞いてみて、睡魔に勝てないようであれば、少しまとまって眠らせてあげて、すっきりと目覚めてもらってからそこから2人の時間を作ってみるという風に考えてみるのも良いでしょう。

 

すぐ寝る彼氏の心理・デートがつまらない

すぐ寝る彼氏の心理として、デートがつまらないと感じていることがあります。

デートが楽しいものであったり、興味のあるところへ出かけている時には、気持ちが高まっているために眠気を感じることはありません。

ですが、デートがつまらないと感じていたり、暇だと思ったりするとついつい眠気がやってきたりします。

なので、彼氏と会っている時に、彼氏がすぐに寝てしまって困っているという場合には、彼氏がデートを楽しんでいるか、また彼氏が行きたいと思っている場所に行けているかなどを考えてみて、自分の行きたい場所やしたいことばかりではなく彼氏が行きたいところを聞いてみて、そこに行ってみたりして、彼氏が眠くならないようにしてみるというのも大事なことになります。

 

すぐ寝る彼氏との付き合い方・一緒に寝る

すぐ寝る彼氏との付き合い方として、一緒に寝るという方法があります。

彼女としては、一緒に彼氏がいるのに寝られてしまうと、暇だと感じたり寂しいと感じてしまうこともあります。

なので、そういう気持ちになるのであれば、いっそのこと一緒に寝てしまうことで自分も一度寝ることですっきりと起きることができ、彼氏が起きている時に自分も眠気を感じることなく楽しく時間を過ごすことができます。

すぐ彼氏が寝てしまうと思っている場合、その彼氏に合わせて一緒に寝るということで、2人の生活リズムを合わせていくことができます。

相手と一緒に眠ることで、同じ時間を共有することができるため、2人の仲も深まることになり、良い関係を築くことができます。

 

すぐ寝る彼氏との付き合い方・行きたいところを伝える

すぐ寝る彼氏との付き合い方として、行きたいところを伝えるということが大事になります。

彼氏は、何も予定がない時や、出かける場所がない時には、それならば家でのんびりとして寝てしまおうと考えることがあります。

すぐに寝てしまう彼氏がいる場合、その彼氏と何か出かける用事はないか、などを考えてみて、自分が行きたいと思う場所があるのであれば、それを伝えて、出かける用事を作ってみるのが良いです。

行きたいところを伝えておくことで、彼氏もすぐに寝ずに出発の時間を考えたり、どのような道で行けるかを調べてくれたりして起きていてくれます。

行きたいところを伝えることで、2人で予定を立てることができるために、一緒に居ても寝てしまうということも防ぐことができ、話のきっかけにもなります。

 

すぐ寝る彼氏との付き合い方・短時間の外出を提案する

すぐ寝る彼氏との付き合い方として、短時間の外出を提案してみるのが良い方法です。

彼氏に、遠い場所への外出を提案してみると、面倒だと思われたり、あまり気乗りしない態度を取られてしまうこともあります。

ですが、短時間の外出で、近所に飲み物やお菓子の買い出しに一緒に行こうと提案してみたり、ランチを食べに行こうなどの提案をしてみることで、彼氏も寝ずに準備をしてくれたり、一緒に起きて話をしてくれたりします。

すぐ寝る彼氏との付き合い方として、少し外出するという用事を提案してみると、良い気晴らしにもなりますし、家でゴロゴロと眠ってしまうことを防ぐことになります。

短時間の外出であれば、彼氏に提案をしやすく、彼氏もその提案を受け入れてくれやすくなります。

彼氏が寝てばかりに関するよくある質問

付き合ってみたけどなんか違う!

関連ページ:【付き合ってみたけどなんか違う】理由は?彼氏と別れたい!次の恋愛は?

相手のために別れるってあり?

関連ページ:【相手のために別れる】彼氏・彼女が好きだけど別れる心理

彼氏がつまらない!イライラする!

関連ページ:【彼氏つまらないイライラ】楽しくない!別れる?結婚は?

彼女がよく寝る!どうすればいい?

関連ページ:【彼女よく寝る】寝過ぎ!かわいい?よく寝る彼女の特徴や対処法

おすすめのマッチングアプリ:【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインとハピメのログイン画面は?

彼氏が寝てばかりまとめ

(寝てばかりの彼氏の心理)

・彼女に心を許している(安心している)

・どこかに出かけるのが面倒

・単純に疲れている

 

(彼氏が寝てばかりの理由)

・彼女と生活リズムが違う

・寝だめしておきたい

・ダラダラ過ごすのが好き

・前日遅くまで起きていた(寝不足)

・長い時間寝ていないと元気が出ないタイプ(ロングスリーパー)

 

(彼氏が寝てばかりの時の対処法)

・夕方以降に会うようにする

・かまてほしい気持ちを正直に伝える

・外食や映画など予約をしておく

・一人の時間を楽しむ

・寝てる間に家事などやるべき事を終わらせる

・「寝るのが好きなんだ」と割り切る/諦める

・彼氏の興味に会わせたデートプランを提案する

・無理やり起こすのは喧嘩に発展する可能性があるのでNG

・一方的に怒るのはNG

・どうしても我慢できない場合は別れを検討しよう

 

(会うとすぐ寝る彼氏の心理や付き合い方)

・すぐ寝る彼氏の心理・会うと安心しリラックスできるので眠くなる

・すぐ寝る彼氏の心理・睡魔に勝てない

・すぐ寝る彼氏の心理・デートがつまらない

・すぐ寝る彼氏との付き合い方・一緒に寝る

・すぐ寝る彼氏との付き合い方・行きたいところを伝える

・すぐ寝る彼氏との付き合い方・短時間の外出を提案する

コメント

タイトルとURLをコピーしました