【連絡マメじゃない女】女性の心理やアプローチ方法やline

付き合い始めの男性心理 恋愛

連絡がマメじゃない女性の心理!実はLINEが苦手?返信がマメじゃない理由

連絡マメじゃない女

連絡がマメじゃない女性の心理1・仕事や用事などで忙しくて連絡できないだけ

連絡がマメじゃない女性の心理ですが、仕事や用事で忙しい場合、女性の心理においては自分のことを優先します。これは当然のことで男性も同様に同じ心理を持ちます。なぜなら、恋愛と仕事を天秤にかけてどちらを優先しますかと言われると仕事を優先するという考えになるがゆえです。

ではなぜ、恋愛を優先しないかですが、これは生き抜くという方向において仕事を優先するのが正しいがゆえです。つまり、生活をしていくうえではお金が必要でお金を得る手段が働くことですから恋愛をすることは働くことを阻害すると考えれば、恋愛に関する連絡については消極的になるわけです。これは、ビジネスマン特有の連来における問題で仕事や用事が忙しい場合、仕事を優先せねばお給料という物に影響するがゆえです。

連絡がマメじゃない女性の心理2・相手にあまり興味がない

相手に興味がない場合、連絡をマメにする必要性がありません。これは、女性の心理において、タイプではない男性だから放置するという方向で一応男性をキープはするがそれだけであるという心理および作戦です。この作戦の利点は男性をキープできる点で、別に本命がいたと仮定した場合、本命の男性とうまくいかなかった場合、切り替えることができるんです。

なので、あまり相手に興味がない場合、連絡をマメに入れる必要性は無い上、男性側に対してある程度連絡を入れておけば男性側の気持ちを引き留めることもできるという計算もあるのです。

この計算によって相手の男性はまだ脈があると思い、待ちの姿勢で女性に接するため、この考え方を持つ女性は心理に、男性をキープすることと興味が無い男性でもキープしておけば安心という心理があります。

連絡がマメじゃない女性の心理3・連絡をマメにする性格じゃない(マイペース)

連絡をマメにする性格じゃあないという女性の心理には、マイペースという考えがあります。つまり、女性側のペースでしか物事をとらえることができないというのがマイペースな人でこうした人は会社などでも同様にマイペースで自分のペースでしか動こうとしないです。

この心理はあまり望ましい心理ではなく、女性側も実は損をしている心理になりますなぜなら、周囲に合わせることができないから、もし、女性が企業で働く人であればマイペースという考えは許されないでしょう。

企業はマイペースで自分の主観や考えでしか動かない人物を嫌いますのでマイペースな人はそれだけ周りに迷惑をかけることもあり、連絡をすべきことをしないという方向で大きなトラブルになるのが目に見えています。

連絡がマメじゃない女性の心理4・積極的にグイグイ来る女性だと思われたくない

この心理は、積極性を見せるのがダメなことだと思っているケースです。この心理は男性にも多い心理で、ぐいぐいと積極的に接触を測ろうとする人物は愛情に飢えているとか、恋愛に飢えているという風にみられると思い、連絡をあまり積極的にしないのです。この考え方は正しいと見てよいんですが、問題になるのが重要な連絡についてスルーしている場合、大問題になることが多いのです。

例えば、デートの約束をして次にメールをしますということを理解したうえでメールに答えない、この時点で大問題になるんです。

ではなぜ、メールで答えなかったかと言うと、ぐいぐい来る女性とみられるのではという考えから、重要なことに応答していないんです。よって、この心理は重要なことにいかに反応できるかも問われます。

連絡がマメじゃない女性の心理5・自分の時間を大事にしている

連絡がマメじゃあないという女性の心理には、自分の時間というものを大事にしているという心理もあります。この心理は、プライベートとデートなどを分けて考えていて、第3者がプライベートに立ち入ることを許さないという考えです。

なので、男性側は相手の女性のプライベートモードに切り替わるタイミングを理解する必要があるんですが、プライベートモードの切り替えタイミングを理解できないがゆえ、うまく女性といかないというわけです。

自分の時間を大切にしているというのはなにも女性だけではなく男性も同様に同じことを考えている人も多く、プライベートとデートに仕事を分けて考える男性も多いため、この心理については共感すべく部分も多いのですが、問題はプライベートの時間がいつなの?というところでしょうか?

連絡がマメじゃない女性の心理6・そもそもLINEやメールをあまり見ない

これは心理というよりも、習慣になります。つまり、習慣においてメールとかlineをあまり見ないという人は心理に関係なく、習慣が勝つのです。そして習慣が勝つがゆえに相手の方の連絡を受け付けないのです。

これは心理ではなく、習慣の問題で、性格と言ってもよいです。心理と言いうのは考え方になりますが、習慣についてはこれは正確になるため、性格を変えるという方向でしか恐らく対応できないでしょう。

そして性格を変えるにはそれ相応の労力が必要になりますので、相手側が性格を変えよう、習慣を変えなければならないということを強く意識しない限り、メールやLineを見るようにならないです。逆を返すと、メールやLineを確認しないと自分の生活などに問題が出るとまで考えれば、習慣は容易に変わります。

連絡がマメじゃない女性の心理7・もともとラインが苦手

これは、心理というより、LINEという仕組み自体にノーを突き付けているケースでLINEを扱えないという女性個人の問題です。これは恥ずべきことではなく、男性も同様にラインは苦手であるという男性がいますので恥ずかしいということではありません。

よってこの場合、女性側が望む別の連絡手段を用意すればよいというのがlineが苦手であるという意識を持つ女性の特徴です。これはどちらかと言うと特徴で、恐らくラインという複数の人とやり取りするツールが嫌なんだと思われます。

逆にメールであれば、マンツーマンですから一対一でやり取りできるのでやり取りがしやすいのだと思われます。また、電話でしか連絡に応じないという人においてはやはり相手が本人であるかどうかを確認することを込めて電話を選択する女性も多いので、これは性格の問題でもあります。

連絡がマメじゃない女性の心理8・実は彼氏がいる

連絡をマメにしない女性の心理において、彼氏が実はいるという場合、心理上において、第3者の連絡を受け取る必要性が無いんです。

つまり、第3者の連絡というのがデートの誘いであれば受け取る必要はありません。逆に仕事の連絡も受け取らないというのであれば大問題ですが、恐らく仕事の連絡については相手側が男性であろうと仕事の話については受け取るでしょう。

要は、彼氏がいるんだから他の男性の連絡においてデートの誘いはNGと考えるのがこの心理です。これは、普通の心理でここから、彼氏がいるのにもかかわらず、第3者の男性とデートの約束をするということになると大問題になりますので、彼氏がいるという女性は第3者のデートの誘いには乗らないでしょうし、乗れないでしょう。

連絡がマメじゃない女性へアプローチする方法や落とし方

連絡マメじゃない女

アプローチ方法1・まずはなぜ、あまり返信が返ってこないか考えてみる

これは、アプローチ法においてあまり返信が返ってこないという事実についてメッセージがまずいのであろうかと考えてみるという手法です。

この方法は相手側に対して失礼があったのではないかということを追求していき文面を変えて相手にメッセージを送るなど様々な方法を考えて行動してみるというものです。

これは相手に合わせて相手の嫌がらないことを探そうと考えていますので望ましい考え方です。ただ、この方法はおそらく、時間をかなり有するうえ、相手の女性がどのようなことが嫌であるかを言わない限り、相手の女性の嫌がらない方法で連絡をするというのは難しいでしょう。まして、デートの約束になりますとおそらく、デートの内容自体が嫌だと女性が言えるかという問題もあります。

アプローチ方法2・連絡の頻度は相手のペースに合わせる

連絡の頻度が多い場合、相手側が連絡をすることに対して面倒を感じると思われますので、連絡の頻度は相手のペースに合わせることはかなり重要です。この問題は、どちらのメッセージのほうが多いのかということで簡単に自分のペースと相手のペースが分かります。

こちらのメッセージは5本で相手は2本しかない、これはどう考えても自分のメッセージのペースのほうが早いです。一方的にメッセージを送っていると考えてもよい自体ですね。

これを改善して相手のペースに合わせることで返信をしやすくしたり連絡をしやすくするというのが相手のペースに合わせるということです。相手のペースに合わせることはかなり重要で、相手側に対して付き合いにくいという印象を払拭させる良い方法です。

アプローチ方法3・文章は長すぎず、短めを心がける

文章が長すぎる場合、相手は、連絡をすることをためらいます。なぜなら、また長文が返ってくるの?ということでやり取り自体を放棄してしまいたいと考えるがゆえです。

これも当然で、人間がメッセージを見る際、長文を一度に見るとなるとよほど重要なことか興味がある小説でない限り、長文は読みません。もっと言えば、結論だけをまとめて要点だけを伝えてほしいという考えを持つんです。

長文は利点において必死さをアピールしたり、差し当たりない文章を作れる点が利点ですが問題点において結論を出すまでの過程が長いんです。だったら、短文でいいじゃあないの?ということでも長文にすると読む気が無くなるのは、結論を出すまでの文章が長い点が問題なので、短文を心掛けるのが望ましいです。

アプローチ方法4・返信しやすい文章にする

これは、男性側が返信しにくい文章で文章を作っているから女性側がスルーしているという問題です。これはアプローチ方法において相手側が返信しづらい質問をしたり、答えを期待しているのが間違いなんです。返信しづらい答えを求めるというのはよほど相手と親密でない限り無理です。

また、親密でも無理かもしれないです。なので、女性とのメッセージのやり取りにおいて返信しづらい答えに困るような文章を記すというのは絶対にNGです。特にプライベートやプライバシーにかかわってくるような重要な問題になり得る物は絶対に答えとして返答を求めてはいけない上、プライバシーを侵害するようなことを返事として求めた場合、相手に訴えられることもあり得ますので、親しいからこれくらいOKだろうという考えも捨てるべきです。

アプローチ方法5・lineが返ってこないからといって追加でlineを送らない

LINEが返ってこないからといって安易に追加連絡を送るのは危険です。あなたのLINEが彼女にとってそこまで優先事項として高くない場合もありますが、単純に仕事関係や私生活の用事で忙しくしていたり、すぐ返事をしようと思って忘れてしまっていただけの可能性があるからです。

日常的に会える関係の場合は、最悪返信が来なくても次にあった時にさりげなく聞くぐらいがしつこくなくてちょうどいいでしょう。合える頻度が少ない場合は数日開けて相手の安否を確認するようなメッセージを送りさりげなく聞きましょう。

この段階であなたのメッセージに返信がなければ、あなたには興味がないか嫌悪感を抱かれている場合もあるのでそれ以上は追求しないほうが良いでしょう。

アプローチ方法6・たまには電話で連絡を取る

タイピングでのメッセージのやり取りばかりという方は、たまには電話で連絡を取るといいでしょう。文字だけでは相手の意図を読み違えたままになっているかもしれませんし、相手もこちらの意図とは違った解釈をしてしまっている可能性が高いです。

タイピングは返信をするまでに文字を入力する一手間が加わることで考える時間ができてしまうことがメリットにもデメリットにもなり、特に何かしらの思い違いで相手がこちらに対して負の感情を抱いてしまった場合は対面や電話に比べて挽回するのは厳しいです。

電話を通してお互いの声を聞きあうことでより深くつながることができますし、デートの約束などは考える時間が限られる電話の方が良い返事をもらいやすいです。

アプローチ方法7・頼み事をしてみる

人は誰しも三大欲求以外にも、他者に認められたいという社会的欲求を満たしたいと思う生き物です。頼りにされるという経験にあなたも心地よさを感じてついついお節介をやいてしまったり、そんな相手を助けてあげたいと思った経験があるはずです。

特にそれが異性だった場合、ちょっとドキッとしたり、ドキッとしなくても同性よりも優先して助けてあげたいと思ったこともあるのではないでしょうか。そうした心理を利用して、最初は重すぎない軽い頼み事からお願いしていくことで異性関係にも良い影響があります。

友達の誕生日プレゼント選びの相談や料理の相談など軽い頼み事でも女性が食いつきやすく親身になってくれるものはかなりあるので、是非試してみてください!

アプローチ方法8・相手の話に共感したり、理解を示す

「この人関わりやすいな。」って感じる人物像として、自分の話に共感してくれたり、理解を示してくれることが意識的にしても無意識にしても多くの人にとって浮かんできます。逆に自分の意見にいつも突っ込んでくる人や重箱の角をつつくように指摘ばかりする人、まったく興味なさそうに暇そうにしてる人に対して好感なんて抱けないですよね。

もちろん相手の意見によっては賛成してはいけない類のものもありますが、多少反対意見を持っていたとしても「そういう考え方もあるよね」等、相手を否定しない共感の仕方もあるので、基本的にはその異性の言葉に共感してあげましょう。

共感を挟むことによってあなたへの好感度を下げることなく、本音を伝えることもできるので是非試してみてください。

アプローチ方法9・lineではなく実際のデートで関係を深める

LINEだけではなくたまには実際に会って一緒にどこか出かけたり、遊んでみることも大切です。デートを通してお互いのことを理解して、共感する機会が生まれますし、自然と一体感が生まれる瞬間があったりするものです。また、デートに誘う事自体が相手に好意がありますよと暗に伝えていることになり、これを断らない時点で相手は少なくとも満更でもないことになります。

ただ、デートで相手に幻滅されることは十分に考えられるので、自分の言動には注意を払いながら、デートそのものを楽しんでもらえることを意識していきましょう。

デートを楽しんでもらえる関係になれば、自ずと普段のLINEもレスポンスが良くなったり、徐々に恋愛を意識したものになっていきます。

アプローチ方法10・押してばかりではなく、たまには引いてみる

恋愛は基本的に待ちでも受けでもなく積極性が重要なことはよく知られていますが、あまり押しすぎるのも危険です。何のメリットもないのに自分に過剰に優しくしてくれたり声をかけてくる相手に対して警戒心を抱いてしまった経験があなたにもあるのではないでしょうか?

純粋に相手が好きなだけという気持ちは、なかなか相手には伝わらないものです。

たまにはメッセージの期間を意図的に空けてみたり、会わない時間をつくることで、いつも積極的なあなたの行動との相違を異性が敏感に感じ取り、ちょっとした心の揺さぶりをかけることができる場合があります。しかしながらこのテクニックは、ある程度相手にとって自分の存在が大きくないと意味をなさず、ただ興味のない異性又は嫌いな相手が視界から消えただけになりかねません。普段の関わりから、好感度を見極めた上で実行してみましょう。

連絡がマメじゃない女性!lineやメールを返信しない女性の心理

連絡マメじゃない女

lineを返信しない女性心理1・返信が面倒

女性が返信をしないのは、もしかしたら面倒という理由からかもしれません。仕事が忙しくて面倒なのかもしれませんし、こちらが送ったメッセージ頻度や返信に必要な文章量が多くなりそう等といった理由かもしれません。前者の理由はこちらではどうしようもないことですが、もし後者に心当たりがあればメッセージの見直しをする必要があります。

好きでもない人から毎日必要でもないメッセージが来るのは自分に当てはめても鬱陶しいですし、長々した日記みたいな内容を送られても困るものです。

相手がよほどの話し好きでなければ、メッセージは週一等程々にし、相手のペースを考えてきちんと頻度に気を遣いましょう。仕事が忙しくて面倒という場合でも、こちらはどしっと構えて動じない、気にしないことが大事です。

lineを返信しない女性心理2・返しにくいlineだった

返しにくいlineだったということも可能性としては十分考えられます。自分に同じ内容が異性から送られてきた時、困ってしまうと自分で思ったならそれは今現在相手も困ってるということです。心当たりがなかったとしても、相手にとっては少し踏み込みすぎた内容だったのかもしれませんし、相手が興味がない話題を延々と振ってしまっていることも考えられます。

好感度や相手の気持ちを考えて踏み込んでは行けない領域の話はせず、相手が共感しやすく短い返信でも成立する内容にする等してきちんと気を遣いましょう。

相手が興味がなさそうな時にはさっとその内容を終わらせて違う話題にシフトしていくことも大切です。これらを積み重ねていくことでうまく行けば、トークに気を遣える優しい異性に昇格できるかもです。

lineを返信しない女性心理3・lineよりも大事なことがある

そもそもその女性にとってLINEそのものの優先度が著しく低い場合も考えられます。仕事や日常生活の方が優先的になってしまうことは誰しもあります。また、そもそもタイピングに慣れておらず、文字を打つのが面倒なのかもしれません。こうした女性は電話や対面での会話に比重を置いているものです。

さらにいえば、人との関わりが実は苦手でありメッセージだけでなく電話や対面での会話すら避けてしまいがちな人かもしれません。この場合は、人との会話以外の趣味を大切にしている可能性が高いです。

LINEの返信がないからとすぐに答えを急ぐのではなく、女性の様子を観察しながらその女性が何を大事にしているのかを探れば、返信の有り無しで一喜一憂する必要がなくなります。

連絡マメじゃない女/全然LINEが返ってこない!これは脈なし?彼女にできない?

連絡マメじゃない女

返信が2,3日返ってこない場合は脈なしの可能性が高い

返信が2,3日返ってこない場合は脈なしの場合が多いです。相手がブラック企業に勤めていたり、習い事を掛け持ちしているなどでなければ、どこかに必ず返信できる時間があるものです。

また、職場や学生生活等でLINEが求めらることも多い現代においてそもそもLINEを見ない日がある人は相当珍しいです。メッセージ頻度や内容に気を遣っているにも関わらず、相手からの返信が返ってこない場合は、脈なしと割り切ることも重要です。

ここで追撃のLINEを送ろうものなら、最悪の場合女性仲間にそのことが広まり、次に行こうにもそのコミュニティで恋愛をすることができない事態になる可能性もあるのでさっと引きましょう。どうしても割り切れなければ、次に会った時の女性の反応を見て判断しましょう。

ただしLINEが苦手な女子もいる!LINEが苦手な女子の特徴

会話は男のほうが苦手な傾向がありますが、女性でも苦手という人もいるものです。実際日本人は諸外国と比べて人見知りが多いものです。そんな人の心理はどうなっているのかというと、相手の好感度にかかわらずLINEが来るだけで心臓に悪く、開くのが億劫になりがちです。これも人によって程度があり、タイピングでのやり取りは大丈夫だけど電話は駄目だったり、電話はいいけどメッセージが苦手、全て拒否したいぐらい駄目といった具合です。

相手がどこからどこまで嫌がっているのかを見極めてアプローチをかけていくことが重要です。もし、電話もメッセージも対面も苦手な女性の場合は、むやみに接触せず、仕事上や学業上で話さなければいけない最もな理由をつくり、徐々に打ち解けていくことが重要です。

返信はあまり返ってこないが二人で遊べているなら問題なし!

返信が返ってこなくても二人でどこかに行ったり遊べたりしているならば悲観的になる必要はありません。興味がない人や嫌いな人とどこかに行ったり遊んだり普通はしませんよね?逆に言えばそれができるのは、少なくともある程度の好感度があり、楽しいことが共有できる間柄だと言えます。この状況に置いて返信があまりないのは単純に普段は忙しいかLINEが苦手かしかあり得ません。また、あなたからメッセージが来ることに対して嫌という感情がないことは明らかです。

ここまでの関係性になれているのであれば、告白のステップに進んでみるのもありです。あまり長い間このまま進展がないと友達認定されてしまうので、恋人関係を目指すならここまでくれば早めに告白するのがいいでしょう。

連絡マメじゃない女に関するよくある質問

連絡しない女はモテる?

関連ページ:【連絡しない女はモテる】女性の駆け引きやモテる理由、男性心理

好きな人に連絡したいけどできない!

関連ページ:【好きな人に連絡したいけどできない】我慢すべき?男・女のlineについて

「もう連絡しないで」の女性心理とは?

関連ページ:【もう連絡しないで女性心理】やめるね宣言する女の心理や対処法

好きだからこそ連絡しないとは?

関連ページ:【好きだからこそ連絡しない】男性・女性の心理は?連絡こない!

おすすめのマッチングアプリ:【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインとハピメのログイン画面は?

連絡がマメじゃない女性まとめ

(連絡マメじゃない女性の心理)

・仕事や用事などで忙しくて連絡できないだけ

・相手にあまり興味がない

・連絡をマメにする性格じゃない(マイペース)

・積極的にグイグイ来る女性だと思われたくない

・自分の時間を大事にしている

・そもそもLINEやメールをあまり見ない

・もともとラインが苦手

・実は彼氏がいる

 

(連絡がマメじゃない女性へアプローチする方法)

・まずはなぜ、あまり返信が返ってこないか考えてみる

・連絡の頻度は相手のペースに合わせる

・文章は長すぎず、短めを心がける

・返信しやすい文章にする

・lineが返ってこないからといって追加でlineを送らない

・たまには電話で連絡を取る

・頼み事をしてみる

・相手の話に共感したり、理解を示す

・lineではなく実際のデートで関係を深める

・押してばかりではなく、たまには引いてみる

 

(lineやメールを返信しない女性の心理)

・返信が面倒

・返しにくいlineだった

・lineよりも大事なことがある

 

(全然LINEが返ってこないのは脈なし?)

・返信が2,3日返ってこない場合は脈なしの可能性が高い

・ただしLINEが苦手な女子もいる!

・返信はあまり返ってこないが二人で遊べているなら問題なし!

コメント

タイトルとURLをコピーしました