【好きな人に連絡したいけどできない】我慢すべき?男・女のlineについて

初デートはどこまで? 恋愛

好きな人に連絡したいけどできない!好きな人にLINE(ライン)できない理由

好きな人に連絡したいけどできない

好きな人にLINEできない理由・「しつこい」と嫌われたくないから

好きな人のLINEを知っていても、連絡ができない理由の1つが「しつこい」と嫌われたくないからです。連絡を取るのは仲良くなるきっかけである一方で、頻繁に連絡をすると相手に迷惑がかかって嫌われるリスクも存在しています。確かに連絡の頻度が多いと嫌われるリスクも存在していますが、常識的な範囲内であれば迷惑に思われるリスクは低いです。

そこで好きな人と連絡を取りたいという場合、まずは1日~数日に1度くらいの頻度からチャレンジしてみましょう。しつこいと思われたら嫌だと思って連絡するのを避けていたら、相手と距離を縮めるチャンスを逃してしまいます。連絡先を教えてくれる時点でマイナスの印象である可能性は低いので、まずは当たり障りのない話題から連絡をしてみて、少しずつやり取りができる関係を目指しましょう。

好きな人にLINEできない理由・まだ気軽にLINEできる関係性じゃないから

好きな人の連絡先は知っているものの、知り合ったばかりの段階などの場合、気軽にLINEができる関係ではないと思って連絡をするのをためらってしまう方も多くいます。まだ気軽にLINEができる関係性ではないと、いきなり連絡を取ると非常識な子だと思われないか心配してしまう方もいるでしょう。

ですがLINEは、気軽に付き合える関係を目指すために利用できるツールの1つです。本当に好きで心の距離を縮めたいと考えている相手であれば、気軽にLINEで連絡をできないと諦めるのではなく、勇気を出して連絡をしたうえで、気軽にやり取りができる関係を目指しましょう。最初はぎこちないやり取りになってしまう場合でも、何度も連絡を続けることで冗談も言い合えるような気軽な関係を目指せるかもしれません。

好きな人にLINEできない理由・どんな話をすれば良いかわからないから

好きな人とLINEでやり取りができない理由の1つが、話題で困ってしまうからです。積極的にLINEを送って仲良くなりたいという気持ちがあっても、どんな話をしたらいいのかわからずメッセージを送る勇気が持てない方も多くいます。実際にどんな話をしたらいいかわからない場合、共通の話題を探すためにLINEを使うのも1つの手です。

例えば好きな食べ物や映画の話などをすることで、同じものが好きとわかるケースも見られます。そして共通の話題が見つかったら、さらにその話を広げましょう。例えば同じ食べ物が好きとわかった場合、その話がきっかけで一緒に食事へ行く約束ができるかもしれません。話題がないから連絡をしないのではなく、話題を作るためにLINEが使えるということを忘れてはいけません。

好きな人にLINEできない理由・もし無視されたら嫌だから(既読無視・未読無視など)

勇気を出して好きな人にLINEを送ったとしても、既読無視や未読無視になってしまう場合もあります。ですが無視されることばかり考えていたら、2人の関係を一歩先へ進めることはできません。そもそも好きな人へのLINEが既読無視や未読無視されたからといって、嫌われているとは限りません。返信しにくい状況やLINEをチェックしにくい状況で連絡をすると、無視されるリスクが高くなると押さえておきましょう。

好きな人からLINEで無視されるのを防ぐために、返信しやすい内容を心がけることが大切です。長い文章は読むのが面倒と思われるので避けることも大切です。また朝や日中は仕事などで忙しくLINEをチェックする暇がない方も多いため、相手がLINEをチェックしやすい時間帯に連絡することも無視を防ぐコツです。

好きな人にLINEできない理由・恋愛対象として見られてないから

自分は恋愛対象として見られていないため、好きな人がいてもLINEできないという方もいるでしょう。ここで問題になるのが、本当に好きな人から恋愛対象として見られていないのかという点です。告白されて断れたなどの状況でなければ、本当に脈なしかどうか判断するのは難しくなります。また今は脈なしの可能性が高い相手だとしても、LINEのやり取りを通して心の距離が縮まって付き合えるようになるかもしれません。

100%の脈なしという状況でなければ、好きな人とのLINEのやり取りを通して親しくなるきっかけを作ってみるのも1つの手です。実際にやり取りをする場合には、自分の良さをさりげなくアピールできるようにしましょう。相手に魅力的な存在だと認識してもらえれば、恋愛対象に昇格できるかもしれません。

好きな人にLINEできない理由・実は相手に彼氏・彼女がいるかもしれないから

好きな人いるものの、相手に彼氏もしくは彼女がいる可能性が高いので連絡をしていいかわからず戸惑っているという方もいるでしょう。本当に彼氏か彼女がいる場合、付き合ってもいない異性から連絡が来ることで相手は迷惑に思うかもしれません。ですがいるかもしれないという段階であれば、本当に付き合っている相手がいるかどうかわかりません。そこで付き合っている人がいるかもしれないという理由で好きな人にLINEができないなら、本当に彼氏か彼女がいるのか確かめるところから始めましょう。

共通の知人への質問や本人への探りを通して、特定のパートナーがいるか確かめられます。本人に直接付き合っている相手がいるか質問しにくい場合でも、LINEなら探りを入れやすい場合もあります。探りを入れてみてパートナーがいない可能性が高いとわかれば、安心してLINEで連絡しやすくなります。

好きな人にLINEできない理由・臆病だから

臆病な性格のため、好きな人がいてもLINEできないという方もいるでしょう。実際に臆病な性格な方は、LINEをすることで相手の迷惑にならないか、嫌われるリスクはないかなどさまざまなことを心配して好きな人がいても連絡できない場合があります。何かに対して慎重になってしまうこと自体はわるいことではありません。ですが臆病すぎて慎重になりすぎると、好きな人と仲良くなるチャンスを逃す可能性もあります。

何もせずに好きな人が他の人と付き合い始めて後悔することがないようにするためにも、臆病になりすぎずにまずは連絡をしてみましょう。失礼な内容のメッセージを送ってしまわないか不安という方は、LINEを送る前に文章を読み直して問題がないか確認することが大切です。

好きな人とLINEする際の話のネタ・相手の趣味を聞いてみる

好きな人とLINEで会話するネタに困ったら、相手の趣味について聞いてみるのも1つの手です。親しくない相手だと、どういう話題が喜ばれるのかわからず、お互いに戸惑ってしまうことも珍しくありません。ですが相手のことがわからない段階であっても、趣味の話であれば盛り上がれるケースも多く見られます。実際に相手の趣味を聞いてみた場合、共通の趣味が見つかるかもしれません。

また共通の趣味がなかった場合でも、相手の趣味について質問して話を広げていくことで、相手がどのような人なのか詳しく知るきっかけを作れます。ただし好きな人の趣味だからといって、無理に話を広げているような様子と思われるとLINEが続かなくなってしまうので注意が必要です。無理に話を合わせるのは逆効果という点に注意して、話を広げていくことが大切です。

好きな人とLINEする際の話のネタ・休みの日の過ごし方を聞いてみる

同じ職場の同僚などとLINEをするなら、休日の過ごし方について聞いてみるのも1つの手です。好きな人であっても、職場の姿しか知らないと休日はどういう過ごし方をしているのかほとんど知らないという場合もあるでしょう。休日の過ごし方というのは、よくあるLINEの話題でありながら、相手のプライベートな部分も知ることができる話題です。

また相手の過ごし方について話を聞くことで、デートのきっかけを作れるケースも見られます。例えば休日に出かける予定が多い方であれば、「興味があるから一度行ってみたい」という形で、さりげなくデートの約束へつなげていくのも1つの手です。相手の話を一方的に聞くだけだと質問攻めにあっていると嫌な思いをさせることもあるため、自分の休日の過ごし方も伝えてお互いのことを知るきっかけを作っていくことも大切です。

好きな人とLINEする際の話のネタ・共通の友達の話をしてみる

好きな人とLINEするときのネタに困ったら、共通の友達の話をしてみるのも1つの手です。同じ職場で働いているなら、社内の有名人や上司、今年の新人の話題など2人とも知っている人であれば、会話を続けやすくなります。共通の友達がいないという場合は、最近話題の芸能人などの話題を通して会話を続けるのも1つの手です。ただし共通の友達であっても、異性の話題をするときには注意が必要です。

異性の話題の場合、その人のことが好きなのではないかと勘違いされるリスクがあります。勘違いされやすい相手は避けることも、好きな人とLINEをするときに注意が必要なポイントの1つです。同性の友人の話題を選ぶ、もしくは既婚者や特定のパートナーがいるとお互いが知っている相手の話題を選ぶことが大切です。

好きな人に連絡したいけどできない時の対処法(女性編)

好きな人に連絡したいけどできない

対処法・聞きたいことを考えてみる

学生なら学校行事や授業の内容、課題などを絡めて聞きたいことを考えてみる

好きな人に連絡をしたいと考えているものの、どのような話題を選んだらいいのかわからず困ってしまう方もいるでしょう。例えば学生の場合、学校に関することで連絡できます。次の学校行事や授業で難しいと思ったポイント、課題に関する悩みなど学校関連だけでも多くの話題を見つけることが可能です。話題がないから連絡をしないという考え方は、好きな人と仲良くなるきっかけを逃す行為です。

学生ならではの学校関連の話題は数多く存在しているので、何か話題を見つけて好きな人に連絡をするきっかけを作りましょう。また学生の場合、授業や課題でわからないところがあるなどの場合、勉強を教えてもらうなどのきっかけで会う約束につなげられる場合もあります。

社会人なら会社や業務内容などを絡めて聞きたいことを考えてみる

社会人の方が好きな人に連絡を取りたいけれど話題がないという場合、会社や業務内容に関する話をするのも1つの手です。例えば会社で扱っている製品の好きなところや社食で好きなメニューなどの話題があげられます。異なる部署で働いているため会社で共通の話題はないと思ってしまう方もいますが、会社全体のことや社食の話などであれば、業務内容が異なっている方でも話題にしやすくなります。

また企画書の書き方やプレゼンの仕方などで悩んでいるなら、悩み相談をきっかけに連絡を取ることも可能です。また悩みが解決したら、相談に乗ってくれたお礼という形で連絡をとって、さりげなく食事に誘ってデートの約束ができるかもしれません。会社や業務内容などに絡めた話題にはさまざまな切り口があるため、状況に合った話題を考えて連絡を取りましょう。

対処法・間違えたふりをして連絡してみる

友達と間違えて連絡してみる

好きな人に連絡したいけどできない場合、あえて間違えたふりをして連絡をしてみるという方法があります。この手法の利点は、どさくさに紛れ込ませて偶然を装い相手に対して連絡をすることが可能という点ですが、問題としては、何度も通用しません。つまり、一度きりであれば間違えたふりをして連絡をすることが許されますが、何度も偶然が起きるわけがないので何回も間違えたふりをして相手に連絡した場合、相手側が意図に気が付きます。

問題は相手が意図に気が付いたうえで、間違えたふりをして連絡してくるというふりをしている女性をどう思うかが重要で、相手の男性が迷惑であると感じていた場合、間違えたふりをして連絡するという手法は悪手でたった一度だけ許される方法となります。

間違えてLINEスタンプを送ってみる

間違えてLINEスタンプを送ってみるという方法で好きな人に対してアピールするというのは、どさくさに紛れてスタンプを送ることで縁を作ろうという考えです。考え方としてはよい考えですが、問題もあるのがこの方法になるため、注意点をあげておきます。

まず、この方法、相手もLINEをしていることが前提な上、LINEのスタンプは相手に誤解を生んだり、相手を罵るようなスタンプもあるので相手の受け捉え方で間違えてスタンプを送り付けた人物の感性みたいなものを相手が感じ取ります。この時相手側の異性が感性を前向きにとらえてくれていたらこの方法は大成功なんですが、嫌な人だという方向でとらえられた場合、この方法は大失敗だったということになり、LINEスタンプを使用したがゆえ、誤解され嫌われたという方向になるので注意が必要です。

対処法・何かお願いしたいことを考えてみる

好きな人に対して接近をしたいのであれば、対処方として正当な理由で何かお願い事をする、これを考えればいいのです。正当性というものがかなり重要で、好きな人に対して接近をする場合、お願い事を通して接近するという方法が一番安全です。例えば、好きな人が同じ会社で働くビジネスマンであれば、ビジネスにおける相談が可能ですよね。

これは正当な理由になり、助けてほしいという方向で話を進めて男性側に対して見返りも用意しておけば、相手側も正当な理由で助けを求めていることに対して同意しやすくなり、かつ見返りが得られるのであればビジネスとしては正しく健全であると見えるため、恐らくですが、相手の男性はお願い事について前向きに検討してくれるはずです。

好きな人に連絡したいけどできない時の対処法(男性編)

好きな人に連絡したいけどできない

対処法・焦らず相手の連絡を待ってみる

好きな人に連絡したいけどできない場合、焦らず相手の連絡を待つという待ちの姿勢が重要です。というのも、相手側から返事を催促するというのはよほど重要なことでない限り、相手に催促をすることは望ましくないです。なので、この場合、よほど重要な連絡ごとに対して異性から返事がない場合、返事の催促が必要でしょうが、重要ではない事柄に対して催促をするのはあり得ません。

まして、相手の女性側が重要であると感じている場合、催促することは許されますが相手の女性がどうでもよいことを連絡してきたと思っているのであれば、どうでもよいことに対して催促をするのは失礼にあたるので待ちの姿勢が重要です。待ちの姿勢の利点は相手の出方を伺える点、そして相手を不快にさせない点です。

対処法・あまり深く考えず勢いで相手に連絡してみる

これは、あえて勢いに任せて自分から相手に連絡をしてみるという手法です。利点においては異性の女性と接触できる点ですが、問題において相手に対して何を連絡するのかを決めておく必要があり、連絡した内容に対する返事を期待するのであれば、相手側が返事をしやすい内容の連絡をする必要があるのです。

つまり、仕事の内容であれば、相手の女性も連絡をしやすいのですが、プライベートに関わるようなことを聞き出すような連絡をした場合、相手側は警戒しますので勢いに任せてプライベートの情報を聞き出そうとする行為はかなり女性からすれば、失礼な上身勝手だと取られても仕方ないわけです。よって勢いで相手に連絡をする場合、重要となるのは相手が答えやすい連絡内容であることです。

対処法・連絡した場合としない場合を冷静に分析してみる

自分から連絡できない場合、連絡した場合と連絡をしない場合の自分の状況を冷静に分析することが重要です。これを怠ると、恐らくですが、連絡したことで後悔したり、連絡しなかったことで後悔します。ここで言う後悔はリスクからくる後悔で、連絡をした場合は連絡をしたことでリスクが生まれ相手側にどう思われるだろうかというリスクが生まれます。

一方、連絡をしない選択をした場合、両者の関係性は弱いままなので関係性を強めるという方向に話を持っていく場合、積極的に相手に接触する必要があるので連絡をして何かしら相手と話す必要があります。この連絡するかしないかというリスク分析をして、どちらが自分にとってダメージが大きくなるだろうかという部分を考えて行動しないと心に多大なダメージを追うことだってあり得るのです。

対処法・連絡する用事を作る

好きな人に連絡できないのであれば、連絡をする用事を作ればいいのです。これはビジネスマンの人同士であれば、かなりやりやすい問題で会議の出席についての連絡という方向から、会議に参加するかしないかという連絡に話を持っていくことができ、会議に出るのであればなぜ会議に出ようと思うのかなどを聞き出すこともできるため相手をしようとする方向で話をすることができます。

社会人とか大学生という立場でも同様に連絡する手段は豊富で、大学生の場合、卒業レポートをどうするかなどでも話し合えるので連絡をする用事については、社会人とか大学生においてはかなり用事を作りやすいんです。逆に高校生の場合、アルバイトなどで同じお店で働いているという具合でない限り連絡する用事はできないかもしれないです。

対処法・共通の友人の力を借りる

これは、共通の友人の力を借りて好きな相手に連絡して接触を図るというものです。友人が協力的であることが重要で有人の相手に対して連絡をする際の言い方などでも好きな人に対する態度が示されるため、友人側が頼りになるというのがこの方法です。

したがって、友人が空気を読み、仲を取り持てる人材であれば、好きな人に連絡をしてうまい具合に落ちあえるように調整をしてくれますが、友人が交渉力のない人物であれば、好きな異性を怒らせてしまい、逆に好きな人との仲が悪くなる可能性もあり得ます。これが友人の力を頼る際のデメリットで、友人は別に愛のキューピッドでもなんでもなく、交渉人という扱いですから交渉に失敗すればそれ相応の報いが交渉を頼んだ本人側にもいくというわけですね。

好きな人に連絡したいけどできない!でも我慢しないで良い場合もある

好きな人に連絡したいけどできない

付き合いたいと思っているならむしろ連絡はすべき

これは、付き合いたいと願うのであれば、相手を知ることが重要ですから連絡をすべきであるということです。つまり、我慢をするという方向で相手と話し合わないほうがもったいないという意味で、相手との距離を近づける方法こそが相手に連絡を取り相手を知ろうとすることです。相手と連絡を取り合うことで相手のことを理解すれば、相手側が何を望んでいるかどうかも分かるわけです。

これは、デートなどの誘いをするうえでかなり有利で相手の好みを何も知らない状況からスタートするのとある程度相手の好みを知っているのとではスタート地点が異なるのです。よって、付き合いたいと思っているのであればまずは相手の方に連絡して反応を見て付き合えそうであるかを見てみる必要があります。

もしすぐに相手の既読が付いたら脈ありなので我慢は不要

LINEやメールなどで相手の既読が付けば、ほぼ脈はあるとみてよいので我慢する必要性は無いです。これはなぜかと言うと、すぐに既読が付くというのはよほど中に書かれているメッセージを気にしているということです。逆を返せば、中々既読が付かないというのは、文章に魅力を感じておらず、どうでもよいメッセージだと思われているんです。

ちなみにこの問題、相手の方が社会人の場合でも同様に、メッセージの既読がすぐについたのであれば脈があるとみてよいです。それほど重要なメッセージであると思わエているんですから、これは脈ありだとみてアタックをしても問題はありません。肝心なのは相手がメッセージを確認する速度です。そして相手が忙しい身でありながらメッセージを確認しているとなれば脈ありとみてよいです。

もし長文のlineが返ってきたら脈ありなので我慢は不要

LINEなどで相手側のメッセージが長文である場合、これは脈があるとみてよいのでアタックしても大丈夫でしょう。まず、Lineでのメッセージは長文を送ってくるというのはまず通常のやり取りではありえません。なぜなら、長文は読んでもらえないと思っているため、よほど重要なことを連絡する以外長文で相手に対してメッセージを返すことはないんです。

なので、最初の方は短文でメッセージをやり取りしていて急に長文になったというのは心境の変化を現していて重要なことを欄楽しているため、脈があるとみてよいわけです。なお、出来れば長文のメッセージの内容を吟味してから行動するのが望ましく、中には長文のメッセージが苦情だったというケースもあるので脈ありとみてよいんですが、稀にそうではないケースもあるので注意です。

もし好きな人と喧嘩してしまった場合は我慢せず連絡すべき

もし好きな人とけんかをした場合、我慢せずに連絡をする方が望ましいです。この問題は、恋人同士である場合、ほとぼりが冷めるのを待つという手法が使えます。なぜなら、恋人関係の縁と言うのは片思いという人物より強いのでほとぼりが冷めるまで待つという手法が使えます。

問題は、片思いの場合、ほとぼりが冷めるまで待つという行動をすると、縁が切れるんです。だから相手に連絡をして悪気はなかったことを謝罪する必要があるのです。縁が切れると人脈もそこで途絶えるため恋人同士であるという人物の人脈と、片思いというタイプの人脈では縁の切れ方が異なり、片思いは縁がものすごく切れやすいので相手に連絡をして縁が切れないように保つことが重要になるわけですね。

好きな人に連絡したいけどできない!に関するよくある質問

連絡しない女はモテる?

関連ページ:【連絡しない女はモテる】女性の駆け引きやモテる理由、男性心理

連絡マメじゃない女とは?

関連ページ:【連絡マメじゃない女】女性の心理やアプローチ方法やline

「もう連絡しないで」の女性心理とは?

関連ページ:【もう連絡しないで女性心理】やめるね宣言する女の心理や対処法

好きだからこそ連絡しないとは?

関連ページ:【好きだからこそ連絡しない】男性・女性の心理は?連絡こない!

おすすめのマッチングアプリ:【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインとハピメのログイン画面は?

好きな人に連絡したいけどできない!まとめ

(好きな人にLINE(ライン)できない理由)

・「しつこい」と嫌われたくないから

・まだ気軽にLINEできる関係性じゃないから

・どんな話をすれば良いかわからないから

・もし無視されたら嫌だから(既読無視・未読無視など)

・恋愛対象として見られてないから

・実は相手に彼氏・彼女がいるかもしれないから

・臆病だから

・好きな人とLINEする際の話のネタ・相手の趣味を聞いてみる

・好きな人とLINEする際の話のネタ・休みの日の過ごし方を聞いてみる

・好きな人とLINEする際の話のネタ・共通の友達の話をしてみる

 

(好きな人に連絡したいけどできないときの対処法(女性編))

・聞きたいことを考えてみる

・間違えたふりをして連絡してみる

・何かお願いしたいことを考えてみる

 

(好きな人に連絡したいけどできないときの対処法(男性編))

・焦らず相手の連絡を待ってみる

・あまり深く考えず勢いで相手に連絡してみる

・連絡した場合としない場合を冷静に分析してみる

・連絡する用事を作る

・共通の友人の力を借りる

 

(連絡は我慢しないで良い場合もある)

・付き合いたいと思っているならむしろ連絡はすべき

・もしすぐに相手の既読が付いたら脈ありなので我慢は不要

・もし長文のlineが返ってきたら脈ありなので我慢は不要

・もし好きな人と喧嘩してしまった場合は我慢せず連絡すべき

コメント

タイトルとURLをコピーしました