【永久脱毛の期間】医療脱毛の回数は?vio脱毛や脇脱毛の期間

シースリーの自己処理 脱毛

永久脱毛の期間/医療脱毛が完了するまでの期間や間隔は?

永久脱毛の期間

医療脱毛が完了するのは1~1年半が目安

医療脱毛が完了するのはどれくらいの期間がかかるの?

医療脱毛が完了する期間は、1~1年半が目安になっています。基本的に医療レーザー脱毛は毛周期に合わせて2~3ヶ月のペースで施術を行います。

脱毛回数が5~6回くらいが平均的なので、期間にしたら約1年くらいですね。

もちろん脱毛の効果には個人差がありますし、部位によっても異なるため、最低1年くらいと思っておいて良いでしょう。

次でも詳しくご説明しますが、脱毛の間隔(2~3ヶ月)は毛周期が関係しています。

短期間で脱毛を完了させたいからといって短い間隔で施術を受けてしまうと十分な脱毛効果が得られないので注意が必要です。

これから脱毛を検討されている方は「1年以上はかかる」ということは理解しておくと良いですね。

医療脱毛は2~3か月に1回の間隔で通う

先ほども少しご説明しましたが、医療脱毛は2~3ヶ月に1回の間隔で通うことになります。2~3ヶ月に1回の間隔で通うと1年~1年半くらいかかる計算ですね。

次でもご説明しますが、この間隔は毛周期が関係しています。

毛周期
・毛が生えかわるサイクル(周期)のこと
・「成長期」「退行期」「休止期」の3種類の時期がある

毛周期には上記のように3種類の時期がありますが、脱毛の効果が得られるのは毛周期が「成長期」の毛のみなんです。

つまり「退行期」や「休止期」の毛にいくら医療脱毛したからといって脱毛効果が得られないというわけですね。

そしてこの「成長期」のタイミングで脱毛するということを考えると、2~3ヶ月が適切と言うことになります。

毛周期の「成長期」に合わせて通うのがベスト

先ほどもご説明しましたが、脱毛は毛周期が「成長期」に合わせて通うのがベストです。

各毛周期とその特徴は次のようになります。

成長期・・・毛が成長している時期。メラニン色素が濃い
退行期・・・毛の成長が止まり、抜け落ちる準備を始める時期。メラニン色素が薄い
休止期・・・毛が完全に抜け落ちている時期。メラニン色素が薄い

上記ではメラニン色素について触れましたが、医療脱毛はこのメラニン色素が大きく関係してきます。

なぜならレーザーはこのメラニン色素(毛の黒い部分)に反応させることで脱毛効果を発揮するからです。

つまりメラニン色素が濃いほど高い脱毛効果が得られるというわけですね。

なのでもっともメラニン色素が濃い「成長期」に合わせた脱毛が重要になるのです。

間隔が開きすぎても脱毛効果に大きな影響はないが、なるべく定期的に通った方がいい

先ほど医療脱毛は2~3ヶ月の間隔で通うのが良いとご説明しました。これは毛周期が関係していました。

ただどうしても仕事が忙しかったり、うまく予定が合わずになかなかスムーズに脱毛に通えないときもあるかもしれません。

できれば定期的に通う方が良いですが、間隔が開きすぎたとしても脱毛効果に大きな影響はありません。

期間が開いてしまうと「脱毛効果がなくなった?また毛が生えてきたかも?」と思うかもしれませんが、これはまだ脱毛効果が得られていない毛穴から毛が生えてきただけなので安心して良いでしょう。

ただあまりにも期間が開きすぎると脱毛完了までにすごく時間がかかってしまうので、これから脱毛を検討されている方は「2~3ヶ月に1回は通えそうか?」と一度考えておくと良いかもしれませんね。

医療脱毛を避けた方がいいタイミング

妊娠中・産後・体調がすぐれないとき

医療脱毛を避けた方がいいタイミングはありますか?

医療脱毛を避けた方が良いタイミングは次の3つです。

①妊娠中・産後・体調がすぐれないとき
②日焼けをして肌の色が黒くなったとき
③肌トラブルが生じたとき

 

医療脱毛を避けた方が良いタイミング1つめは「妊娠中・産後・体調がすぐれないとき」です。

体調がすぐれなときは避けた方がいいというのはわかりやすいかもしれませんね。

妊娠中や産後はホルモンバランスが乱れやすい時期となっています。ホルモンバランスが乱れていると十分な脱毛効果が得られなかったり、肌トラブルを起こす場合もあります。

効率よく安全に脱毛するためにも、妊娠中や産後は避けた方が良いでしょう。まずはスタッフの方に相談するのが確実ですね。

日焼けをして肌の色が黒くなったとき

医療脱毛を避けた方が良いタイミング2つめは「日焼けをして肌の色が黒くなったとき」です。

医療レーザー脱毛は、メラニン色素(毛の黒い部分)に反応させる脱毛方法です。なので日焼けで肌の色が黒くなっているとレーザーが肌に反応し痛みが強くなったり、赤みや肌荒れを引き起こす可能性があるのです。

またレーザーが黒い肌に反応してしまうので、本来反応しないと行けない毛への反応が薄くなり、脱毛効果の低下にも繋がります。

肌トラブルや脱毛効果の低下を防ぐためにも、日焼けで肌が黒くなっている時期は脱毛は避けるようにしましょう。

そもそも日焼けをしてしまうと脱毛自体が受けられない可能性もあるので、脱毛期間中は十分気をつけるようにしましょう。

肌トラブルが生じたとき

医療脱毛を避けた方が良いタイミング3つ目は「肌トラブルが生じたとき」です。

医療レーザー脱毛は毛だけでなく、肌への影響もあります。

肌の炎症など肌トラブルを起こしている状態で脱毛をするとそこにさらに強い刺激が加わり、炎症が悪化してしまう可能性があります。

「今の肌の状態で問題ないか?」と気になる方は、事前に確認しておくと良いですね。

また医療脱毛は医療機関での施術となるため、施術時に万が一肌トラブルが起こってもすぐに対応してもらうことができます。

脱毛サロンでの施術であれば肌トラブル時に対応してもらえない場合もあるので、その点医療脱毛は安心できますね。

肌トラブルを起こさないよう脱毛期間中は特に保湿ケアを心がけるようにしましょう。

永久脱毛の期間/医療脱毛は何回で終わる?永久脱毛するには何回必要?回数の目安

永久脱毛の期間

3回目くらいから効果を実感し始める

何回目から効果を実感し始めるの?

医療脱毛では、もちろん個人差はありますが、3回目くらいから効果を実感し始めます。

1回目や2回目ではあまり効果を感じない人が多いです。その理由は毛周期(毛の生えるサイクル)が関係しています。

医療脱毛は毛周期が「成長期」の毛にしか脱毛効果を発揮しません。そしてその成長期の毛というのは、実は毛全体の10%~20%くらいしかないのです。

なので1回や2回くらいでは脱毛効果を感じにくいというわけですね。

ただこの仕組みをわかっていないと「1回目でまったく効果を感じないから脱毛はやめようかな、、、」と思ってしまう可能性もあります。

脱毛を始められる方は事前に回数と脱毛効果の目安を調べておくといいかもしれませんね。

うぶ毛だった個所は5回目くらいで永久脱毛が完了する

医療脱毛では、うぶ毛だった箇所は5回目くらいで永久脱毛が完了します。

もともと毛が薄い方であれば多くの箇所で永久脱毛が完了する場合もありますね。

またもともと毛が薄かった箇所以外でも、5回程度脱毛をすれば自己処理が楽になっているはずです。

自己処理1回あたりの手間も減ってきますし、毛が生えるまでの期間が長くなっていくので自己処理の頻度も減ってくるでしょう。

医療脱毛のクリニックでは5回のプランが一般的です。もちろん5回で永久脱毛できる方もいますが、それ以上かかってしまう方もいます。

自分にはどのプランが良いかをよく考えて契約するのが良いですね。

次で詳しくご説明しますが、8回以上通うとほとんどの部位がつるつるになり、永久脱毛が完了しますよ。

8回以上通うとほとんどの部位がツルツルになる

医療脱毛では、8回以上通うとほとんどの部位がつるつるになります。つまり永久脱毛ができるというわけですね。

もちろん脱毛効果と回数には個人差がありますし、部位によっても異なるのであくまで目安になりますが、つるつるを目指す方は8回を目指すと良いかもしれませんね。

8回と言えど脱毛サロンと比べれば通う回数は少なめです。脱毛サロンであれば20回以上も通っている人がいるのも事実です。

少ない回数、短い期間で永久脱毛をしたい方は医療脱毛がおすすめでしょう。

永久脱毛ができればムダ毛で悩むこともなくなりますし、自己処理の手間も不要になります。自己処理による肌トラブルもなくなりますね。

永久脱毛に興味がある方はぜひ医療脱毛をご検討ください。

回数を重ねても効果が感じられない場合の対処法

毛周期に合わせて脱毛をする

回数を重ねても効果が感じられない場合はどうすればいいの?

回数を重ねても効果が感じられない場合の対処法は次の3つです。

①毛周期に合わせて脱毛をする
②乾燥や日焼け対策をする
③レーザーの種類を変える

 

回数を重ねても効果が感じられない場合の対処法1つ目は「毛周期に合わせて脱毛する」です。

何度かご説明しておりますが、医療脱毛は毛周期(毛の生えるサイクル)が「成長期」の毛にしか脱毛効果を発揮しません。

もし脱毛効果が感じられていない場合は毛周期に合わせた脱毛ができていない可能性があるので、必ず毛周期に合わせるようにしましょう。

2~3ヶ月に1回のペースが良いとされているので、できるだけペースをまもって通えると良いですね。

乾燥や日焼け対策をする

回数を重ねても効果が感じられない場合の対処法2つ目は「乾燥や日焼け対策をする」です。

まず日焼けについては、肌が黒いと施術時のレーザーがその黒い肌に反応してしまい、十分な脱毛効果が得られない場合があります。

医療脱毛はメラニン色素(毛の黒い部分)に反応させる方法なので、肌が黒いと反応してしまうと言うわけですね。

そもそも日焼けをしていると脱毛自体ができないところが多いので注意が必要ですね。

また肌が乾燥していると痛みを感じやすく、結果照射のパワーを落として施術しないといけないときがあります。

当然パワーを落とせば脱毛効果も下がってしまうので、乾燥は避けたいところです。

脱毛期間中は日焼け対策や保湿ケアは徹底するようにしましょう。

レーザーの種類を変える

回数を重ねても効果が感じられない場合の対処法3つ目は「レーザーの種類を変える」です。

医療脱毛で使われるレーザーとそれぞれの特徴は次のようになります。

アレキサンドライトレーザー・・・メラニンへの反応に優れている(太く濃い毛と相性が良い)

ダイオードレーザー・・・効果のバランスに優れている(幅広い毛質や肌質に対応)

ヤグレーザー・・・深い部分までレーザーを届かすことができる(深いところから生えている毛や剛毛と相性が良い)

それぞれ異なる特徴があるので、これから医療脱毛を検討される際はレーザーの種類にも着目するといいでしょう。

またすでに医療脱毛に通っている方であまり効果を感じられない場合は、他のレーザーを検討するのもありですね。

脇脱毛は何回で終わる?脇の永久脱毛(医療脱毛)の期間は?

永久脱毛の期間

脇の医療脱毛は最低5回で約1年かかる

脇の医療脱毛はどれくらいかかるの?

脇の医療脱毛は、最低5回は通う必要があると思っておいて良いでしょう。

医療脱毛は2~3ヶ月に1回のペースで通うことになるので、5回通う場合は約1年くらいかかる計算になりますね。

ただもちろん個人差はありますし、毛質やもともとの毛の濃さによっても異なるので、あくまで目安だと思っておくと良いでしょう。

脇を医療脱毛すると、

・自己処理の手間がなくなる
・脇が清潔になり、ムレや臭いが軽減する
・露出の多い服が着れるようになる

などのメリットがあります。

また次でもご紹介しますが、脱毛サロンで脱毛する場合は2~3年かかってしまいます。なので短期間で脱毛を完了させたい方は医療脱毛がオススメですね。

脱毛サロンの場合は2~3年かかる

先ほど医療脱毛では約1年くらいかかるとご説明しましたが、脱毛サロンで脱毛する場合は2~3年かかると思っておいて良いでしょう。

脱毛サロンは医療脱毛に比べ照射のパワーが弱いので、ツルツル肌になるまでにある程度の期間が必要になります。

ただ時間はかかってしまう分、照射時の痛みは少ないので、痛みに弱い方である程度時間がかかってもいいという方は、脱毛サロンで脱毛するのもありかもしれませんね。

医療脱毛はレーザーによる脱毛ですが、脱毛サロンは光脱毛です。光脱毛にもIPL脱毛・SHR脱毛・SSC脱毛などがありますが、どれも医療脱毛に比べ痛みが少ないです。

人によっては「全く痛くなかった」「痛くなさ過ぎて寝てしまった」という方もいるほどです。

痛みに弱い方は脱毛サロンを検討してもよいでしょう。

最短でツルツルになりたいなら医療脱毛がおすすめ

先ほどもご説明しましたが、最短でツルツル肌になりたいなら医療脱毛がおすすめです。長期間通うしんどさもないですし、早めに理想のツルツル肌になることが可能です。

脇の永久脱毛が完了すると、自己処理の手間も不要になりますし、露出している服を着ても気にする必要はありません。

自己処理がなくなるので、自己処理による肌トラブルもなくなるでしょう。また脇汗によるムレや臭いの解消にもつながりますね。

また永久脱毛ができるのは医療脱毛のみですし、「痛くても短期間でツルツル肌になりたい」「永久脱毛したい」「早く理想の肌になりたい」という方は医療脱毛がおすすめです。

約1年通って理想のツルツル肌を手に入れられると良いですね。

vio脱毛は何回で終わる?vioの永久脱毛(医療脱毛)の期間は?

永久脱毛の期間

vioの医療脱毛は約1年かかる

vioの医療脱毛はどれくらいかかるの?

vioの医療脱毛は、最低1年は通う必要があると思っておいてよいでしょう。回数にすれば5回程度ですね。

医療脱毛は2~3ヶ月に1回のペースで通うことになります。

これは、医療脱毛は毛周期(毛のサイクル)に合わせたタイミングで施術する必要があるからでした。

vioを医療脱毛すると、

・デリケートゾーンが清潔に保てる
・臭いや肌かぶれを防止できる
・水着や下着を着たときにムダ毛がはみ出さない

などのメリットがあります。

また次でも詳しくご説明しますが、vio脱毛を脱毛サロンで行った場合、約2年かかることになります。

なので短期間でvio脱毛を加療させたい方は、医療脱毛がオススメですね。

vioは脱毛サロンなら約2年かかる

先ほど医療脱毛では約1年くらいかかるとご説明しましたが、脱毛サロンで脱毛する場合は約2年かかると思っておいて良いでしょう。

脇のところでもご説明しましたが、脱毛サロンの光脱毛は、医療レーザー脱毛と比べ照射のパワーが弱いです。弱いので痛みは少ないですが、その分脱毛完了までの期間が長くなってしまうというわけですね。

脱毛サロンの光脱毛はIPL脱毛・SHR脱毛・SSC脱毛などがあり、どれも医療脱毛に比べ痛みが少ないです。

「全く痛くなかった」「無痛だった」「少し温かい程度だった」と感じる人も多いようです。

特に脇やvioは痛みを感じやすい部位です。なので痛みに弱い方は脱毛サロンを検討してもいいかもしれませんね。

最短でツルツルになりたいなら医療脱毛がおすすめ

先ほどもご説明しましたが、最短でツルツル肌になりたいなら医療脱毛がおすすめです。早めに理想のツルツル肌になれますし、長期間通うしんどさもありません。

vioは普段は露出していない部分ですが、隠れている分ムレやかぶれなどが起こりやすいですし、それらが臭いの原因になることもあるでしょう。

特に夏場はよく汗をかくので、蒸れやすいかもしれませんね。

vioを脱毛すれば常に衛生に保つことができますし、水着や下着でもムダ毛を気にする必要もないです。

永久脱毛ができるのは医療脱毛のみです。「短期間で毛の悩みから解放されたい」「永久脱毛したい」というかたは医療脱毛がおすすめですよ。

約1年かよって理想の肌を手に入れられると良いですね。

永久脱毛の期間まとめ

永久脱毛の期間

(永久脱毛が完了するまでの期間)
・医療脱毛が完了するのは1~1年半が目安
・医療脱毛は2~3ヶ月に1回の間隔で通う
・間隔が開きすぎても脱毛効果に大きな影響はない

(永久脱毛が完了する回数)
・3回目くらいで効果を実感し始める
・産毛だった箇所は5回くらいで永久脱毛が完了する
・8回以上通うとほとんどの部位がつるつるになる

(脇の永久脱毛)
・脇の医療脱毛は最低5回で約1年かかる
・脱毛サロンの場合は2~3年かかる
・最短でつるつるになりたいなら医療脱毛がおすすめ

(vioの永久脱毛)
・vioの医療脱毛は約1年かかる
・vioは脱毛サロンなら約2年かかる
・最短でつるつるになりたいなら医療脱毛がおすすめ

【シースリーの口コミ】脱毛サロンの料金や脱毛の評判について

コメント

タイトルとURLをコピーしました