【ストラッシュの解約】やめたい!退会時の返金やクーリングオフの方法

ハッピーメールの口コミ 脱毛

この記事では、「ストラッシュをやめたい!」と思っている方にむけて、ストラッシュの解約についてご説明します。

はじめに少しご説明しますと、解約は店舗での手続きになるので、事前に来店の予約が必要です。

解約時は返金はありますが、返金は施術回数5回目までが対象になりますし、その際は手数料(違約金)が返金額の10%(最大2万円)発生するので注意が必要です。

契約から8日以内であればクーリングが利用でき、違約金なしで全額返金してもらうことが可能です。

それではこれからストラッシュの解約や返金、クーリングオフの方法などについてご説明しますので、ぜひご参考ください。

ストラッシュやめたい!途中解約(退会)の方法について

ストラッシュ 解約

ストラッシュ解約手順1・契約店舗またはコールセンターに電話をする

ストラッシュを途中で解約したくなった場合はどうすればいい?

ストラッシュの解約手順は次のようになります。

手順①契約店舗またはコールセンターに電話をする
手順②契約店舗で手続き

 

まず、ストラッシュの解約手順①は「契約店舗またはコールセンターに電話をする」です。

あとで詳しくご説明しますが、ストラッシュを解約する場合の手続きは店舗でしかできません。

なので事前に電話をする必要があるというわけですね。

電話番号は次のようになります。

ストラッシュのコールセンター
電話番号:0120-871-681
受付時間:8:00~21:30

脱毛サロンによっては電話のみで手続きできるところもありますが、ストラッシュは店舗のみでしか手続きができないので注意が必要ですね。

契約店舗に電話し手続きの日時の予約を入れる

ストラッシュを解約したい場合、まずは電話をかける必要があります。

電話では何を話すの?

電話で話す内容は次の2つです。

・解約したいことを伝える
・来店する日時を予約する

ストラッシュの解約手続きは店舗でしかできないので、電話で来店する日時を予約する必要があります。

事前に自分のスケジュールを確認しておくとスムーズかもしれませんね。

次で詳しくご説明しますが、手続きには印鑑や口座情報が分かる通帳などが必要になります。

手続きに対して分からないことがあれば、電話をかけた際に一緒に聞いておきましょう。

また電話をかけた際に勧誘や引き留めをされることはないので、遠慮せず電話をかけるようにしましょう。

ストラッシュ解約手順2・契約店舗で手続き

ストラッシュの解約手順②は「契約店舗で手続き」です。

ストラッシュの店舗やコールセンターに電話をかけ、来店日時を予約したら、次は来店当日です。

契約した店舗で解約の手続きを行いましょう。

手続きは、スタッフさんから渡された書類に必要事項を記入するだけです。

約30分程度で終わるので、ちょっとした空き時間に手続きが可能というわけですね。

手続きに必要なものは次のようなものです。

・印鑑
・身分証明書
・口座情報が分かる通帳またはキャッシュカード
・契約書
・クレジットカード(カード払いした方)

口座情報が分かる通帳またはキャッシュカードは、返金の振込先になるので必要になります。

必要なものを忘れると解約できない場合があるので、忘れず持参しましょう。

引っ越す場合は手続き後の方が良い

引っ越す場合の手続きはどうすればいいの?

ストラッシュで通っている方で、どうしても引っ越しの都合で、解約せざるを得なくなる場合があります。

そんな場合は、引っ越しの前に解約の手続きを完了させておきましょう。

理由は先ほども話しましたが、ストラッシュを解約する場合は店舗で手続きしなければいけないからです。

また、もし引っ越し先にストラッシュの店舗がある場合は、解約する必要はありません。

ストラッシュは契約した店舗以外でも自由に施術を受けることが可能ですよ。

なので引っ越しする場合は次のどちらかになりますね。

・引っ越し先にストラッシュの店舗がない・・・解約
・引っ越し先にストラッシュの店舗がある・・・その店舗で脱毛が継続可能

強引な引き止めはありません

解約の手続きをする際に強引な引き止めはありませんか?

ストラッシュでは、解約手続きをする際に強引な引き止めなどはありません。

次でも詳しくご説明しますが、解約理由は正直に話してもOKです。

強引な引き留めもないですし、手続きは30分程度で終わるのであまり不安に思わず気軽に手続きを完了させましょう。

またカウンセリング時も同様で、無理に契約させたり、しつこい勧誘もされることはありません。

ストラッシュは「9つのお約束」を掲げていますが、その中の一つに「勧誘の禁止」が約束されています。

初めてカウンセリングに行くときも、手続きをするときも、あまり心配しすぎる必要はなさそうですね。

解約理由は正直に話してOK

先ほど少しご説明しましたが、ストラッシュでは解約時に強引な引き留めはないので、遠慮せず正直に理由を話してもOKです。

ストラッシュとしても正直に言ってもらった方がうれしいのかもしれませんね。

どうしても正直に言うのはちょっと、、、

という方は、引っ越しや転勤など当たり障りのないものでも大丈夫です。

解約の理由は例えば次のようなものですね。

・思っていたより予約が取れなかった
・接客に不満を感じた
・脱毛の効果がなかった

予約の取りやすさや接客などは店舗によるものかもしれないですね。

自分がはじめに期待していた通りにならないと解約の原因にもなってしまうので、事前に疑問点や不安な部分を相談しておきましょう。

ストラッシュの解約に必要なもの1・印鑑

ストラッシュの解約に必要なものは何ですか?

ストラッシュの解約の際に必ず必要なものは次の2つです。

①印鑑
②口座番号がわかるもの(キャッシュカード、通帳など)

 

まず、ストラッシュの解約に必要なもの1つ目は「印鑑」です。

印鑑がないと手続きができないので、事前に必ず用意しておきましょう。

また「シャチハタ」は使用できないので注意が必要ですね。

印鑑・・・OK
シャチハタ・・・NG

※これからストラッシュの契約を考えている方も印鑑は必要となります。

ストラッシュの解約に必要なもの2・口座番号がわかるもの(キャッシュカード、通帳など)

ストラッシュの解約に必要なもの2つ目は「口座番号がわかるもの」です。

口座番号がわかるものは次のようなものです。

・キャッシュカード
・通帳、など

振込先を登録することで、解約時の返金を振り込んでもらうことが可能です。

解約金が振り込まれるのは解約手続きから1~2週間後が目安となります。

2週間以上経っても振り込まれない場合は、ストラッシュの店舗へ確認の電話を入れましょう。

ただし次で詳しくご説明しますが、返金があるのは指定の条件を満たした場合のみなので注意が必要です。

ストラッシュの解約手数料・返金可能期限について

ストラッシュ 解約

ストラッシュは契約期間中の中途解約はいつでも可能

ストラッシュの途中解約はいつでもできるの?

ストラッシュは、契約期間中であればいつでも途中解約可能です。

ストラッシュの解約手続きは店舗でしかできないので、事前に来店する日を電話で予約しておきましょう。

また次以降で詳しくご説明しますが、解約時は残りの分を返金してもらうことができます。ただしプランによって返金の条件は異なるので注意が必要です。

プランによる返金の条件は次のようになります。

・無制限プラン・・・返金は5回目までが対象
・回数パックプラン・・・残りの回数分が対象

また解約する際は解約手数料が返金額の10%(最大2万円)かかることになります。

手続きした後に、

こんなはずじゃなかった、、、

とならないためにも、手数料や返金額について理解しておきましょう。

ストラッシュの返金保証1・無制限プランの返金は5回目までが対象

無制限プランの場合、返金額はどうなるの?

ストラッシュの無制限プランを解約する場合、返金は5回目までが対象となります。

つまり施術を6回以上受けている場合は、返金はないということですね。

あくまで目安ですが、返金額・手数料・振込金額は次のようになります。

プラン総額:490,000円

施術1回分の料金:490,000円÷6回=81,666円/回

施術した回数 返金額 手数料 振込金額
1回 408,334 20,000 388,334
2回 326,668 20,000 306,668
3回 245,002 20,000 225,002
4回 163,336 20,000 143,336
5回 81,670 16,334 65,336
6回 0 0 0

当たり前ですが、施術した回数が少なければ少ないほど返金額が多くなるので、解約するつもりであればなるべく早めに手続きをする方がお得ですね。

6回目以降は返金がないので、当然手数料はかかってこないことになります。

無制限プランは6回目以降の返金はなし

先ほどご説明しましたが、無制限プランは6回目以降の返金はありません。

なのですでに6回以上施術を受けてしまった方は、返金はないと思っておきましょう。

施術した回数:1回・・・返金あり
施術した回数:5回・・・返金あり
施術した回数:6回・・・返金なし

解約の可能性がある方は施術を受けた回数を数えておくと良いかもしれませんね。

すでに6回以上施術を受けた方は解約しても返金はないので、解約するくらいなら通い続けるのも選択肢の一つです。

脱毛は効果が出るまでに時間がかかるので、6回程度ではムダ毛のないきれいな肌になることはできません。

数回で「効果が出ない」と諦めるのではなく、長期的に根気よく通い続けることが脱毛効果が得られるポイントですね。

【全身脱毛の通い放題】回数無制限で脱毛し放題!永久保証付ありのおすすめ脱毛サロン

ストラッシュの返金保証2・回数パックプランの返金は残りの回数分が対象

回数パックプランの場合、返金額はどうなるの?

ストラッシュの回数パックプランを解約する場合、残りの回数分が返金されることになります。

例えば「全身ライト脱毛コース」の「10回コース」を契約した場合、

返金額・手数料・振込金額の目安は次のようになります。

プラン総額:174,000円

施術1回分の料金:174,000円÷10回=17,000円/回

(施術した回数) (返金額) (手数料) (振込金額)
1回 156,600 15,660 140,940
2回 139,200 13,920 125,280
3回 121,800 12,180 109,620
4回 104,400 10,440 93,960
5回 87,000 8,700 78,300
6回 69,600 6,960 62,640
7回 52,200 5,220 46,980
8回 34,800 3,480 31,320
9回 17,400 1,740 15,660
10回 0 0 0

当たり前ですが、施術した回数が少なければ少ないほど返金額が多くなるので、解約するつもりであればなるべく早めに解約しましょう。

また実際に銀行に振り込まれる金額は、残りの回数分の金額から手数料を引かれた金額になるので注意が必要です。

ストラッシュの月額制プランは解約期限なし

月額制プランの場合、返金額はどうなるの?

ストラッシュには「全身脱毛月額制(顔&VIO込み)」のプランがありますが、仮にこのプランを解約する場合返金はありません。

返金がないので当然手数料も発生しないということになります。

このプランは毎月一定の金額を支払うプランなので、解約すれば翌月から料金の支払いがストップになります。

月額制は安い金額で気軽に脱毛を始められますし、解約しても大きく損をすることもありません。

ただし連絡が遅れると翌月分まで支払うことになるので、解約したい場合は早めに連絡するようにしましょう。

また月額制プランは1回で全身の4分の1しか施術できないので注意しましょう。

ストラッシュの解約手数料は返金額の10%(最大2万円)

ストラッシュは解約時に手数料が発生するの?

何度かご説明しましたが、ストラッシュのプランを解約する場合は、手数料が返金額の10%(最大2万円)発生することになります。

ただしプランによっては手数料がかからない場合もあります。

プランと手数料については次のようになります。

無制限プラン・・・手数料あり
回数パックプラン・・・手数料あり
月額制プラン・・・手数料なし

手数料は最大2万円なので、返金額が20万円以上の場合の手数料は一律2万円となります。

また記事後半でもご説明しますが、契約から8日以内なら利用できるクーリングオフの場合は、手数料は発生しません。ご注意ください。

ストラッシュの返金額は解約後2週間ほどで指定の口座に振り込まれる

ストラッシュの返金はいつ口座に振り込まれるの?

ストラッシュのプラン解約時の返金がある場合、返金額は解約後2週間ほどで指定の口座に振り込まれます。

ただし振込手数料については自己負担になるので注意が必要です。

もし万が一2週間以上経っても返金されない場合は、ストラッシュの店舗へ確認の電話をいれましょう。

解約から返金までの流れは次のようになります。

解約の電話を入れ、来店の予約をする

店舗で手続きを行う
返金額振込先の口座を登録する

2週間以内に登録した口座へ返金額が振り込まれる

口座への返金が確認できたら解約の手続きが完了となります。

また、

解約したけどやっぱり脱毛を再開したい、、、

という場合は、再開が可能です。

再開したい旨を電話で伝えましょう。

【ストラッシュの値段】全身脱毛料金の総額や支払い方法は?ストラッシュの料金プラン

ストラッシュの解約の注意点

ストラッシュ 解約

解約期限内なら残りの回数の応じた返金あり

ストラッシュの回数プランや無制限プランでは、解約時に返金してもらえるとご説明しました。

プランによる返金については次のようになります。

回数プラン・・・残りの回数分を返金してもらえる
無制限プラン・・・施術回数5回目までなら返金してもらえる
月額制プラン・・・返金なし

ただし、1つ注意点があります。それは、「返金があるのは解約期限内に解約した場合のみ」ということです。

解約期限ってなに?

解約期限
・返金が適用される期限のこと
・たとえ回数が残っていても、この期限を過ぎていると返金はされない

ストラッシュ解約時の返金は、解約期限内ではないと適用されないと言うことは理解しておきましょう。

月額制プランは解約期限関係なく返金はないので注意が必要ですね。

解約期限を過ぎると返金が一切なくなるので注意

先ほどご説明しましたが、ストラッシュのプラン解約時に返金があるのは、解約期限内に解約した場合のみになります。

解約期限を過ぎてしまうとどれだけ回数が残っていても返金されないので注意が必要です。

次で詳しくご説明しますが、プランごとの解約期限は次のようになります。

(プランごとの解約期限)
6回パックプラン・・・10ヶ月
12回パックプラン・・・1年
18回パックプラン・・・2年

無制限プランは解約期限はなく、「5回目までなら返金あり」となります。

回数パックプランの場合は、上記の期限内であれば残りの回数分返金されることになります。

解約を検討している方は、必ずこの期限内に解約手続きを完了させるようにしましょう。

6回パックプランは契約から10ヵ月以内に解約の申告が必要

6回パックプランを契約した方は、契約から10ヶ月以内に解約の申告をすれば、残りの回数分返金をしてもらうことが可能です。

例えば「全身ライト脱毛コース」の「6回コース」を契約した場合、

返金額・手数料・振込金額の目安は次のようになります。

プラン総額:105,400円
施術1回分の料金:105,400円÷6回=17,566円
施術した回数 返金額 手数料 振込額
1回 87,834 8,783 79,050
2回 70,268 7,026 63,241
3回 52,702 5,270 47,431
4回 35,136 3,513 31,622
5回 17,570 1,757 15,813
6回 0 0 0

6回コースは全身脱毛コースの中でもっとも安いコースとなります。安いので気軽に脱毛できるのがいいところでね。

でももし万が一解約を希望される方は、電話で来店の予約をしましょう。

解約の手続きは店舗でしかできないので注意が必要ですね。

12回パックプランは契約から1年以内に解約の申告が必要

12回パックプランを契約した方は、契約から1年以内に解約の申告をすれば、残りの回数分返金をしてもらうことが可能です。

例えば「全身ライト脱毛コース」の「12回コース」を契約した場合、

返金額・手数料・振込金額の目安は次のようになります。

プラン総額:206,400円
施術1回分の料金:206,400円÷12回=17,200円/回
施術した回数 返金額 手数料 振込金額
1回 189,200 18,920 170,280
2回 172,000 17,200 154,800
3回 154,800 15,480 139,320
4回 137,600 13,760 123,840
5回 120,400 12,040 108,360
6回 103,200 10,320 92,880
7回 86,000 8,600 77,400
8回 68,800 6,880 61,920
9回 51,600 5,160 46,440
10回 34,400 3,440 30,960
11回 17,200 1,720 15,480
12回 0 0 0

12回コースは全身脱毛の回数コースの中で2番目に高いコースとなります。回数が多い分脱毛効果も実感しやすくなります。

でももし万が一解約を希望される方は、電話で解約の予約をしましょう。

解約の手続きは店舗でしかできないので注意が必要です。

18回パックプランは契約から2年以内に解約の申告が必要

18回パックプランを契約した方は、契約から2年以内に解約の申告をすれば、残りの回数分を返金してもらうことが可能です。

例えば「全身ライト脱毛コース」の「18回コース」を契約した場合、

返金額・手数料・振込金額の目安は次のようになります。

プラン総額:306,000円
施術1回分の料金:306,000円÷18回=17,000円/回
施術した回数 返金額 手数料 振込金額
1回 289000 20000 269000
2回 272000 20000 252000
3回 255000 20000 235000
4回 238000 20000 218000
5回 221000 20000 201000
6回 204000 20000 184000
7回 187000 18700 168300
8回 170000 17000 153000
9回 153000 15300 137700
10回 136000 13600 122400
11回 119000 11900 107100
12回 102000 10200 91800
13回 85000 8500 76500
14回 68000 6800 61200
15回 51000 5100 45900
16回 34000 3400 30600
17回 17000 1700 15300
18回 0 0 0

18回コースは全身脱毛コースの中でもっとも高いコースとなります。18回通えば十分な効果を期待できます。

でももし万が一解約を希望される方は、電話で来店の予約をしましょう。

解約の手続きは店舗でしかできないので注意が必要です。

回数無制限プランは途中解約すると損をしてしまう(返金額が他のプランに比べて少ない)

回数無制限プランは、他の回数パックプランに比べて返金額が少なくなります。

あくまで目安ですが、返金額・手数料・振込金額は次のようになります。

プラン総額:490,000円
施術1回分の料金:490,000円÷6回=81,666円/回
施術した回数 返金額 手数料 振込金額
1回 408,334 20,000 388,334
2回 326,668 20,000 306,668
3回 245,002 20,000 225,002
4回 163,336 20,000 143,336
5回 81,670 16,334 65,336
6回 0 0 0

上の表からわかるように、回数無制限プランでは数回通うだけで大幅に返金額が少なくなります。

1回も通わずに解約した場合と、1回通って解約した場合では返金額が10万円以上も変わるのです。

回数無制限プランは自分が納得するまで何度でも通うことができるので高い脱毛効果を実感できるプランです。

ただし解約の場合は大きな損に繋がってしまう可能性があるので、回数無制限プランを契約する際はそれらをふまえた上で慎重に検討するようにしましょう。

ストラッシュの解約(クーリングオフ)について

ストラッシュ 解約

クーリングオフの条件1・契約日から8日以内

ストラッシュでは、指定の条件を満たせばクーリングオフを利用することができます。

クーリングオフってなに?

クーリングオフ
・契約を取りやめることができる制度
・手数料なしで全額返金してもらうことができる

クーリングオフの条件は次の3つです。

①契約日から8日以内
②契約期間が1ヶ月以上
③契約金額が5万円以上

 

まず、クーリングオフの条件1つ目は「契約日から8日以内」です。

クーリングオフが利用できるのは、契約日から8日以内までです。これを過ぎてしまうとクーリングオフが利用できなくなり、途中解約という扱いになってしまいます。

途中解約は手数料が発生してしまうので、契約の取りやめを検討している方は必ず契約日から8日以内にクーリングオフの手続きを完了させるようにしましょう。

クーリングオフの条件2・契約期間が1カ月以上

クーリングオフの条件2つ目は「契約期間が1ヶ月以上」です。

クーリングオフが利用できるのは、契約期間が1ヶ月上の場合のみです。

ストラッシュのプランは基本的に1ヶ月以上通うプランがほとんどなので、あまり気にする必要はありません。

ただし月額制のプランだけは契約期間が1ヶ月ごとになり、クーリングオフは利用できないので注意が必要です。

回数コース・・・クーリングオフが利用できる
完了コース(無制限コース)・・・クーリングオフが利用できる
月額制・・・クーリングオフは利用できない

月額制プランの契約を取りやめる場合でも最低一ヶ月分は料金を支払う必要があります。

月額制プランを契約する場合はそこを理解した上で検討するようにしましょう。

クーリングオフの条件3・契約金額が5万円以上

クーリングオフの条件3つ目は「契約金額が5万円以上」です。

クーリングオフが利用できるのは、契約金額が5万円以上の場合のみです。

ストラッシュのプランは基本的に5万円以上のプランがほとんどなので、あまり気にする必要はありません。

ただし回数が少ない回数パックプランや、月額制プランは契約金額が5万円以下になることがあるので、その場合はクーリグオフが利用できないことになります。注意しましょう。

回数コース・・・プラン総額が5万円以上ならクーリングオフが利用できる
完了コース(無制限コース)・・・クーリングオフが利用できる
月額制・・・クーリングオフは利用できない

クーリングオフを利用する場合は、自分が契約しているプランの契約金額を確認するようにしましょう。

ストラッシュの解約(クーリングオフ)は書面での通知が必要

クーリングオフを利用したい場合はどうすればいいの?

ストラッシュのプランをクーリングオフしたい場合は、書面での通知が必要になります。

クーリグオフの流れは次のようになります。

ハガキに必要事項を記入(=契約解除通知書)

ハガキを特定記録郵便や簡易書留で送る

後日全額返金される

ストラッシュを途中解約する場合は店舗で解約手続きをすることになりますが、クーリグオフの手続きは書面ででの通知となるので注意が必要です。

解約方法を整理すると次のようになります。

クーリングオフ・・・書面を通知する(ハガキを送る)
途中解約・・・電話で日程を予約し、店舗で解約手続き

クーリグオフは電話での手続きの予約をする必要はありませんし、店舗に行く必要もありません。ご注意ください。

契約解除通知書に必要な記載事項

クーリグオフを申請する際の契約解除通知書(ハガキ)に記載する項目は次のようになります。

クレジット払いを選んだ方は、クレジット会社にも契約解除通知書を送る必要があるのでご注意ください。

(銀座カラー宛)
・1番上に「通知書」と書く
・その下に「次の契約を解除します」と書く
・契約年月日
・契約内容(プラン名)
・契約金額
・契約した会社の情報(銀座カラーの店舗名・住所・電話番号など)
・担当者(分かる場合)
・返金額
・契約者の情報(名前・住所・電話番号)
・記入した日付
(クレジット会社宛)
・1番上に「通知書」と書く
・その下に「次の契約を解除します」と書く
・契約年月日
・契約内容(プラン名)
・契約金額
・契約した会社の情報(銀座カラーの店舗名・住所・電話番号など)
・担当者(分かる場合)
・クレジット会社名
・返金額
・契約者の情報(名前・住所・電話番号)
・記入した日付

ストラッシュのクーリングオフの通知先

ストラッシュのクーリグオフの通知先は次のようになります。

会社名 株式会社インターレイズ
本社所在地 〒108-0023
東京都港区芝浦2-14-18サカイビル4F 5F
代表取締役 柴田 結花

クーリングオフの注意点1・ローン、クレジット利用の場合は信販会社・クレジット会社にも書面を通知する

ストラッシュでクーリングオフを利用する場合はいくつか注意点があります。

クーリグオフの注意点は次の5つです。

①ローン、クレジット利用の場合は信販会社・クレジット会社にも書面を通知する
②簡易書留または特定記録郵便で送付
③送付した書面はコピーして保管する
④クーリグオフは来店不用
⑤支払額の全額が返金される(手数料なし)

 

まず、クーリングオフの注意点1つ目は「ローン、クレジット利用の場合は信販会社・クレジット会社にも書面を通知する」です。

クーリグオフを利用する際は書面(ハガキ)を通知する(送る)とご説明しましたが、クレジット払いやローン払いを利用している方は、信販会社やクレジット会社にもハガキを送らなければなりません。

(書面の通知先)
●現金払い・・・ストラッシュ
●ローン払い・・・ストラッシュ+信販会社
●クレジット払い・・・ストラッシュ+クレジット会社

きちんと漏れなく送るようにしましょう。

クーリングオフの注意点2・簡易書留または特定記録郵便で送付

クーリングオフの注意点2つ目は「簡易書留または特定記録郵便で送付」です。

クーリグオフ用のハガキを送るときは、「簡易書留」または「特定記録郵便」で送るようにしましょう。

これらを利用すると、ハガキを送ったことが記録として残るようになります。

クーリグオフはハガキを送った時点で適用されるので、もし何かあったときに送ったという事実が確認できないと、クーリグオフが利用できない場合があります。

基本的にクーリグオフで何か問題が起きることは少ないですが、もし万が一のときのために、きちんと送ったという記録が残るようにしておきましょう。

ただし簡易書留や特定記録郵便は普通に送るよりも少し料金が高くなってしまうので、そこは理解しておきましょう。

クーリングオフの注意点3・送付した書面はコピーして保管する

クーリングオフの注意点3つ目は「送付した書面はコピーして保管する」です。

これは先ほどの「簡易書留または特定記録郵便を利用する」と少し似ていますが、クーリグオフで大事なことはきちん書面をと送ったという事実(証拠)を残すことです。

簡易書留、特定記録郵便・・・送った記録を残す
書面のコピー・・・実際に送った書面を残す

送った証拠がないともし何かあったときに、「ハガキを8日以内に送った」という事実が証明できなくなります。

少し手間がかかる作業ではありますが、後々のトラブルを避けるためにも送付した書面はコピーしておきましょう。

ハガキは両面に必要事項を記載しているので、両面コピーが必要ですね。

クーリングオフの注意点4・クーリングオフは来店不要

クーリングオフの注意点4つ目は「クーリグオフは来店不要」です。

クーリグオフを利用する場合は、ストラッシュの店舗に来店する必要はありません。

来店が不要なので、もちろん電話で予約する必要もありません。

クーリグオフはストラッシュのサービスではなく法律で定められている制度なので、来店は不要というわけですね。

ただし契約日から9日以上が過ぎてしまうとクーリグオフは利用できなくなり、途中解約となってしまいます。

途中解約はクーリグオフとは違い電話で来店の予約をし、店舗で手続きが必要になるので注意が必要ですね。

クーリングオフ(契約日から8日以内)・・・書面で手続き
途中解約(契約日から9日以降)・・・店舗で手続き(電話予約が必要)

クーリングオフの注意点5・支払い額の全額が返金される(手数料なし)

クーリングオフの注意点5つ目は「支払額の全額が返金される(手数料なし)」です。

クーリグオフを利用すると、支払額の全額が返金されることになります。もちろん手数料はかかりません。

先ほども少しご説明しましたが、クーリグオフはストラッシュのサービスではなく法律で定められている制度になります。

クーリグオフは「契約の撤回・解除」という内容なので、手数料0円で全額返金されるというわけですね。

ただし契約日から9日以上過ぎてしまうとクーリグオフは利用できなくなり、途中解約となってしまいます。

途中解約の場合は手数料が返金額の10%(最大2万円)かかってくるので注意が必要です。

クーリグオフ(契約日から8日以内)・・・手数料なし
途中解約(契約日から9日以降)・・・手数料は返金額の10%(最大2万円)

ストラッシュの解約に関するよくある質問

ストラッシュ 解約

一度ストラッシュを解約しても再契約はできますか?

一度ストラッシュを解約しても再契約はできますか?

ストラッシュでは、一度解約をしても再契約することは可能です。

再契約は特に条件があるわけではないので、

・やっぱりストラッシュで脱毛を受けたい
・引っ越しで解約したけど、近くにストラッシュの店舗ができたのでまた通いたい

などの場合は、いつでも気軽に再契約が可能です。

また妊娠してしまった場合は、契約を最大2年間延長することが可能です。

脱毛サロンによっては解約しないといけないところもあるので、妊娠で解約したくない方はストラッシュがおすすめですね。

次でも詳しくご説明しますが、割引やキャンペーンを使って再契約する場合は、一度契約した店舗以外で契約しなければならないので注意が必要です。

再契約の場合は新規キャンペーンの利用はできますか?

再契約の場合は新規キャンペーンの利用はできますか?

ストラッシュを再契約する場合、以前契約した店舗以外で契約をすれば、割引やキャンペーンを利用することが可能です。

ただし同じ店舗で契約すれば割引やキャンペーンを利用することはできないので注意が必要です。

割引は次のようなものがあります。

・ペア割(最大30%OFF)
・リベンジ割(最大30%OFF)
・学割(最大30%OFF)
・キッズ割(最大30%OFF)

どの割引も最大30%OFFなので、お得に脱毛に通うことができます。

学割については、卒業後も継続して学割料金が適用されるのは大きなポイントですね。

今学生の方は、卒業するまでに契約すればお得に通えます。ぜひご検討ください。

【ストラッシュのキャンペーン】乗り換え割・学割・ペア割・紹介割など割引まとめ

ストラッシュ解約後にもローン(支払い)が残ることはありますか?

ストラッシュ解約後にもローン(支払い)が残ることはありますか?

ストラッシュ解約後にも、ローン(支払い)が残ることはあります。

ローン払いは月々○○円と決められた金額を払うことになりますが、通った回数分の料金の支払いが完了していない段階で解約した場合、解約後も残りの料金を支払わなければなりません。

例えば、

・実際に脱毛した回数:1回(脱毛1回10,000円)
・月々支払額3,000円

の場合、1ヶ月以内に解約すると、

支払うべき料金:10,000円(脱毛1回分)
実際に支払った料金:3,000円

となり、7,000円が未払いの状態になります。

すると、ローンが残り、解約後も計7,000円は支払う必要があるというわけですね。

ローン払いしている方で解約を検討されている方は、これらを理解しておきましょう。

解約理由はどのように答えれば引き止められませんか?

解約理由はどのように答えれば引き止められませんか?

ストラッシュでは、理由が何であれ強引に引き止められることはありません。

遠慮せず正直に話しても問題ないでしょう。

ただどうしても正直に言いづらい場合は、

・引っ越しや転勤で通えなくなった
・仕事が忙しくて通えなくなった
・急遽お金が必要になった

など、当たり障りのない理由でも問題ありません。

解約手続きでは無理に引き止められることもないので、30分程度で手続きが完了します。

ストラッシュでは「勧誘の禁止」が約束されているので、あまり不安に思わず手続きに向かいましょう。

勧誘に関しては初回のカウンセリング時も同様に強引な勧誘はないので安心ですね。

解約のために来店するのは気まずいのですが、来店は必須ですか?

解約のために来店するのは気まずいのですが、来店は必須ですか?

ストラッシュを解約する場合の手続きは店舗のみとなっています。

電話で日程を予約し、店舗で解約手続きを行いましょう。

また先ほどもご説明しましたが、ストラッシュでは強引な勧誘や引き止めはないので、気まずさを感じる必要はありません。

サロンスタッフの方は何人もの手続きを行っているので、たんたんと手続きを完了させるだけですよ。

いずれにせよ解約時は来店は必須となっているので、1回きりと割り切っていきましょう。

いってみると案外予想以上に簡単に完了するかもしれません。

手続きは指定の書類に必要事項を記入するだけですし、約30分程度で終わります。

クーリングオフ期間を過ぎてからでは対象になることはありませんか?

クーリグオフ期間を過ぎてからでは対象になることはありませんか?

クーリングオフは契約日から8日以内と定められていますが、これを超えてしまうとクーリングオフは利用できません。

クーリングオフを検討される方は必ず8日以内に手続きを完了させましょう。

クーリングオフはハガキに必要事項を記入して送るだけです。ハガキを送った時点で効力が発生するので、8日以内にハガキを送ればクーリングオフは可能です。

どんな理由であれ契約日から8日を過ぎてしまうと「途中解約」の扱いになり、手数料が返金額の10%(最大2万円)かかってきます。

一度も施術を受けていない場合の手数料は2万円ですね。

なのでクーリグオフを利用したい場合は「契約から8日以内」を必ず守るようにしましょう。

ストラッシュの解約方法や返金についてまとめ

ストラッシュ 解約

(ストラッシュをやめたい?途中解約の方法)
・手順1:店舗またはコールセンターに電話をする
・手順2:契約店舗で解約の手続きを行う
・解約には印鑑と口座番号がわかるものが必要

→「途中解約の方法」について詳しくはこちら

(ストラッシュの解約手数料・返金可能期限)
・いつでも途中解約はできる
・無制限プランの返金は5回目までが対象
・回数パックプランの返金は残りの回数分が対象
・月額制プランは解約期限はない
・解約手数料(違約金)は返金額の10%(最大2万円)

→「ストラッシュの解約手数料・返金可能期限」について詳しくはこちら

(ストラッシュの解約の注意点)

・解約期限内なら残りの回数に応じた返金がある
・解約期限を過ぎると返金が一切なくなる
・6回プランは10ヶ月以内に解約の申告が必要
・12回パックプランは1年以内に解約の申告が必要
・18回パックプランは2年以内に解約の申告が必要
・回数無制限プランは返金額が少ないので、途中解約をすると損をしてしまう

(ストラッシュのクーリングオフ)
・クーリングオフの条件1:契約日から8日以内
・クーリングオフの条件2:契約期間が1ヶ月以上
・クーリングオフの条件3:契約金額が5万円以上
・クーリングオフの注意点1:ローン、クレジット利用の場合は信販会社・クレジット会社にも書面を通知する
・クーリングオフの注意点2:簡易書留または特定記録郵便で送付
・クーリングオフの注意点3:送付した書面はコピーして保管する
・クーリングオフの注意点4:クーリングオフは来店不要
・クーリングオフの注意点5:支払い額の全額が返金される(手数料なし)

(ストラッシュの解約に関するよくある質問)
・一度ストラッシュを解約しても再契約はできますか?
→再契約はできる。妊娠の場合は契約を最大2年間延長することも可能。
・再契約の場合は新規キャンペーンの利用はできますか?
→以前契約した店舗以外で契約をすれば利用できる
・ストラッシュ解約後にもローン(支払い)が残ることはありますか?
→残ることがある。
・解約理由はどのように答えれば引き止められませんか?
→引き止められることはない。ストラッシュでは「勧誘の禁止」が約束されている。
・解約のために来店するのは気まずいのですが、来店は必須ですか?
→来店は必要。必要書類に記入するだけなので30分程度で終わる。
・クーリングオフ期間を過ぎてからでは対象になることはありませんか?
→契約から8日を過ぎるとクーリングオフは利用できない

【ストラッシュの口コミ】脱毛サロンの効果と予約と脱毛料金

コメント

タイトルとURLをコピーしました